logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

ぱっ☆と目を惹くSNS画像やチラシが簡単に作れる画像加工・デザインアプリ【Canva】

ぱっ☆と目を惹くSNS画像やチラシが簡単に作れる画像加工・デザインアプリ【Canva】

誕生日カードからSNSのプロフィール画像まで、見た人の印象に残るオリジナル画像を作るって、難しいですよね~!でもこの『Canva』なら、オッ?と目を惹く作品がアプリだけで簡単にできちゃいます!

デザイン下手の救いの神!『Canva』でスグに作れるもの

巷には便利な画像加工アプリが溢れていますが、『Canva』の強味はたくさんの用途別テンプレートが揃っているところ。

画像加工 & デザインアプリ「Canva」
SNSから私用まで用途大

ざっとカテゴリーを挙げてみますと、

  • Instagramの投稿
  • Facebookの投稿
  • Facebookのカバー
  • Snapchatのジオフィルター
  • Pinterestの投稿
  • Twitterの投稿
  • Twitterヘッダー
  • YouTubeアート
  • ストーリー
  • ロゴ
  • ポスター
  • チラシ・フライヤー
  • 招待状やメッセージカード
  • 写真コラージュ
  • ブログのバナーやグラフィック
  • プレゼンテーション
  • 名刺
  • アルバムカバー
  • Kindleカバー

などなど、SNSで使う画像から、人に渡す配布物のテンプレートまでズラリと揃っています。めんどうな画像のサイズ調整をしなくてもSNSのヘッダーが作れるのは、神すぎますね…!

例その1)Twitterの(汚い)ヘッダーをデザインし直してみた

というわけで、早速ですが自分のTwitterのトップに表示されるヘッダーを作ってみます。

今のヘッダーはこれ。せっかく大好きなバンドのCDの裏ジャケ画像を使っているのに、そのまんま載せっぱなしで写真もどこか薄汚い。ココをなんとかしたーい!

TomokoさんのTwitterの旧トプ画
よく見るとシミだらけなのは顔だけにしたい

メニューから「Twitterヘッダー」を選ぶ

まず、『Canva』の画面上部にあるメニューの中から「Twitterヘッダー」をセレクトします。

たくさんあるテンプレートの中から、好みのレイアウトを見つけてくださいね。画像や文字は、後から自由に変えられますよ。

「Canva」の「Twitterヘッダー」
どれもかわいい

文字のフォント・内容・色・大きさの変更

手っ取り早くオリジナル画像を作るため、文字をガラっと変えてみます。

変えたい文字の枠組をタップすると、フォント・入力内容・色・大きさが変えられるメニューが出てきます。文字を入力するには、文章のところをダブルタップしてくださいね。

どのメニューも直観的で、フォトショップすら満足に使えない私でも簡単にいじれました♪

「Canva」の画像編集画面
Tomokoと入れたところ

画像を新たに挿入

次に、画像いじりです。ここも画像をタップすると選択画面に行きます。使いたい画像は、あらかじめカメラロールに用意しておきましょう!

インスタ並みに揃ったフィルターから、好きなものをかけてオシャ加工したりして。

出来上がったら、画面右上にある矢印のボタンをタップするとデザインが開始されます!ワクワク!

「Canva」での画像挿入
ここでフィルターも加工できるのが◎

デザインは1分ほどで完了

まだかなまだかな~?と待っていると「マジックを起こしています」とかっこいいメッセージが表示されて、1分ほどで出来上がりました♪

うおー!デザインが苦手な私でも、ものの5分で前よりうんと見映えのするヘッダーが作れました。感激…!

「Canva」で作成した新Twitterヘッダー
うまい、速い、無料

今回は、出来上がったデザインを「共有」ボタンを押してカメラロールに保存してからTwitterにアップ!フィルター効果で明るいピンクになり、破線の飾りが文字を引き立てていますね~。自分ではここまで思いつかないデザインの奥深き世界が気軽に体験できて、楽しき楽しき♪

「Canva」で作ったTwitterヘッダーを使用
手描き風フォントなど種類がたくさん

例その2)ライブの告知フライヤーを作ってみた

波に乗ってきたところで自分のバンドのライブ告知フライヤーを作ってみました。今回使ったテンプレートは、「チラシ・フライヤー」コーナーのこちら!

ちなみに、YARDSALEって家の庭先で催すフリマのことですね。こういうのが飛び出すところにオーストラリア生まれを感じる『Canva』です。

「Camva」の「チラシ・フライヤー」のテンプレート
白の部分が目立ちそう

先ほどと同じ要領で、画像を入れて文字を入力。フォントも好きに変えさせてもらいます!さらに今回は、白い枠を透過させて画像が途切れないように加工してみましたよ~。

じゃーん!なかなかインパクトのあるライブのチラシが完成しました。このままSNSやメールで共有できるのが便利すぎますね~。

「Camva」でフライヤーを作成
そうです私はベーシスト

まずはたくさんのテンプレをチェック!

日本語文字に対応しているテンプレートも多数あり、テンプレートを見ているだけでクリエイティブな気分になれるから不思議です(笑)。

「Canva」のインスタサイズのテンプレート一覧

なお、この『Canva』はPC版とも同期しています。パソコンで作って、スマホアプリ版で保存してシェア、なんていう使い方もできますよ。

同じユーザーIDとパスワードでログインできるので、アプリと一緒にこちらのPC版サイトも是非チェックしてみてくださいね。

『Canva』で広告物を作れば、イベントの宣伝やバイト募集の貼り紙などなど、あらゆる場所で目立つこと請け合い。

また、結婚パーティーの招待状や誕生日祝いなどのオリジナルカードも簡単に作れますよ♪ 普通にインスタやストーリーの投稿をカッコよく盛るのにもいいと思いますし、ああ、使い道を考えていたらキリがない『Canva』!個性を引き出してくれるテンプレートがいっぱいのこのアプリ、無料でダウンロードできますので是非試してみてくださいね。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
デザイン展とか本などを見るのは好きだけれど、実際やるとなると要センスの世界。ライブのチラシが簡単に作れるのは、バンドマンとして有り難いです。

関連サイト

Canva

この記事に関するキーワード