logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

アプリで簡単★カラフルポップなLEGOブロックみたいなモザイク背景の画像を作る加工方法♪【Bricks Camera】

アプリで簡単★カラフルポップなLEGOブロックみたいなモザイク背景の画像を作る加工方法♪【Bricks Camera】

レゴ風加工ができるBricks Camera(ブリックスカメラ)。AppStoreの「今日のApp」にも選ばれた人気の加工アプリです。Bricksを使って、LEGOの世界に入ったような、そんな不思議でかわいい加工のやり方をご紹介です。背景があまりきれいじゃない時にモザイクがわりにも使えるおすすめな加工方法です!

Bricks Cameraで加工すると、カラフルでかわいいLEGO風画像ができる!

レゴ風加工ができるBricks Camera。AppStoreの「今日のApp」にも選ばれた人気の加工アプリです。シンプルに加工しただけでもかわいくて不思議な画像に仕上がります。自動で彩度も上がっているので、明るくて楽しいおもちゃみたいな印象の画像になりますね☆

レゴブロック風加工の【ストームトルーパー】

Bricks Cameraイメージ

スターウォーズで人気のストームトルーパー!レゴのミニフィグにもよくなっているスターウォーズのキャラクターは、レゴ加工にぴったりですね♪ 写真がほぼ白・黒・グレーなのに対し、水色やピンクっぽい色が入っているのがわかりますか? 自動でカラフルで楽しい雰囲気になってかわいいです!

レゴ風加工の【眠れる美女のお城】

Bricks Camera

カリフォルニアディズニーランドのランドマークである【眠れる森の美女のお城】。元々持っている優しい雰囲気の色がそのまま活かされた加工になりました(*^^*)

レゴ風加工の【もみじフィナンシェ】

Bricks Camera

広島のお土産といえばもみじ饅頭ですが、こちらは【もみじフィナンシェ】!お土産でいただきました。形がはっきりしているので、レゴ風加工にしてももみじの形がくっきり出ています。

(´-`).。oO(ついでに、伸びてしまったネイルもレゴ風加工にしたらごまかせましたw)

こんなふうに、ただ加工をするだけでもポップでかわいい印象になるBricks。でも人物にはあんまり向いていない感じでした… 粗目のドットになるので、誰かわからなくなる、というトラップです。

Bricks Cameraの使い方

LEGOブロック風加工ができるBricks Camera、使い方は至ってシンプル。

こちらがアプリの起動画面です。カメラロールに保存済みの写真を加工する場合は、アプリを起動した画面の左下のボタンをタップし、カメラロールからブロック風にしたい画像を選びます。

Bricks Camera

このとき、左右にフリックすることで、ブロックのサイズを変更できるので、好みに合わせて調整してみてくださいね。

Bricks Camera
←大←← →→小→

ブロックのサイズは4段階あります。フリックで好みのサイズになったら、右下の「↓」をタップして保存してください。

Bricks Camera

これで、レゴ風加工は完了です。

Bricks Cameraでできることまとめ

  • カメラロールから画像を読み込んでブロック風ドット絵加工ができる
  • シャッターボタンをタップで、ブロック風写真が撮れる
  • シャッターボタン長押しで、動画やGIFも撮影できる

背景だけレゴにするとかわいいよ!

上でも少し書きましたが、ドット(ブロック)があまり細かくならないので、人物などにはちょっと使いづらいです。その代わり、人物部分を後から合成することで、背景だけレゴになったようなカラフルで楽しい画像になります。ぜひ試してみてくださいね☆

こんな感じです。

加工前
Bricks Camera

↓↓

加工後
Bricks Camera

加工前
Bricks Camera

↓↓

加工後
Bricks Camera

Bricks Cameraのブロック風画像と人物を合成する方法

人物部分の合成には、Photoshop Mixを使います。ブロック風加工前の画像の、人物部分を切り抜いて重ねます。

Photoshop Mixを開いたら、まずは右上の「+」をタップ。「画像」を選択します。

Bricks Camera
モザイクかけたけど隠しきれないふ○っしー

「iPhoneから」→「カメラロール」と進みます。

Bricks Camera

まずは背景になるBricks Cameraで加工した画像を選択。表示されたら「+」をタップしてレイヤーを追加します。

Bricks Camera

「画像」から、Bricks Cameraで加工する前の画像をタップして選択。

Bricks Camera

写真のサイズによって「カンバスサイズを変更」と出ますが、これは「キャンセル」。画像が表示されたら、画面下部の「選択して切り抜き」をタップします。

Bricks Camera

人物部分を切り抜きます。「スマート」と「基本」が使いやすいです。まずはざっくり「スマート」で切り抜いて、「基本」で細かく調整していきます。「追加」は”透過させない”、「減算」は”透過させる”です。

Bricks Camera

必要なところが切り抜けたら、右上の共有ボタンをタップして、「カメラロール」で保存完了です!

Bricks Camera

<<完成図>>

Bricks Camera

カラフルなモザイクみたいな、ポップな加工ができるBricks Camera。他のアプリと組み合わせることで、いろいろな加工ができそうです!あなただけの利用方法を見つけてみてくださいね♪

ひなこ

この記事のライター
ひなこ
スターウォーズにマーベルに、私の趣味もりもりの加工画像ばっかりになってしまいました(笑)