logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

写真が動く!?流れるチーズタッカルビのシネマグラフをアプリで作ってみたの巻【PLOTAVERSE】

写真が動く!?流れるチーズタッカルビのシネマグラフをアプリで作ってみたの巻【PLOTAVERSE】

写真の一部分だけがムービーのように動くシネマグラフ。インスタやツイッターなどで見かけると「どうなってるのコレ!?」と凝視してしまいますが、実は専用アプリ『PLOTAVERSE』があれば簡単に作れちゃうんです♪ 今回は、動く写真・シネマグラフの作り方をフード写真で解説していきますよ~!

ドドドド~!溢れるチーズが止まらない「流れるチーズタッカルビ」

こちらが、私のシネマグラフ処女作「流れるチーズタッカルビ」にございます!思わず、チーズ界の一級河川…いや、ナイアガラの滝や~!!と叫びたくなるほどの淀みなき流れにウットリ♡

チーズタッカルビ
流れ出したら止まらないぜ

シネマグラフはこのように、写真の一部分に無限ループの動きをつけて動画のような印象を持たせられるユニークな画像加工方法なんです。

って書くと作るのがちょっぴり面倒くさそうですけど、シネマグラフ専用アプリ『PLOTAVERSE』なら、初めてでもすぐになめらかな動きのある1枚ができちゃうんですよ♪

さっそく次項で使い方を解説します。

『PLOTAVERSE』を使ったシネマグラフの作り方

まず「PLOTAGRAPH+」に入る

アプリを開いたら、左上の踊るお姉さんのアイコンをタップ→「PLOTAGRAPH+ (作成・アニメ化)」をタップします。

プロタグラフにすすむ
メンバー登録しなくても使えます

写真を追加する

「+」を押して写真を追加します。その場で撮りたい場合は、内蔵カメラも選べます。

写真を追加
ハイレベルなお手本がたくさん見られる

「マスク」をかける

最初に、動かしたくない部分を指定します。「マスク」をタップして筆で塗りつぶすように、ぬりぬり、ぬりぬりっと。筆の太さを変えたり、消しゴムで修正もできます。

マスク
先に太く塗り、後で細筆モードで微調整するのがキレイに作るコツ

動かしたくない部分は「アンカー」で点をポチポチ打って囲んでも指定できるようですが、大ざっぱな私はマスクでザッと塗りつぶすほうが簡単でした。この辺は好みで使い分けてくださいね。

「アニメーション化」で動きをつける

いよいよ、動かしたい部分に命を吹き込みます!「アニメーション化」をタップして、指先で流したい方向に矢印を描きこんでいきます。

アニメーション化

この矢印が細かいほど、多ければ多いほど、自然でなめらかな動きになります。もはや矢印の鬼と化した私の指先は休むことを忘れて、ひたすら矢印を入れまくります。シュッシュッシュッ。

時おり、右下の「▶」ボタンで再生して、出来栄えを確認しながらさらに描き足していきます。

シュッシュッシュッシュッ。う~ん、いい流れだ。波に乗ってきたわ。チーズが。

再生

スピードの調整

動きを決めたら、「▶」ボタンで再生しながらチーズが流れるスピードを調整しましょう。

ここは大げさなぐらい速いのがちょうどいいと思います。インスタ映えを狙うなら特に。

スピード調整

「FXオーバーレイ」でフレームをつける

続いて、下部メニューの「FXオーバーレイ」で動くフレームをつけてみました。画像はキラキラを二重につけたところです。メラメラもあります(笑)。

さらに、「鉛筆」のマークをタップして(または下部メニューを右にスライド→「編集」で)、明るさやコントラストの調整もできます。このアプリ、なかなか多機能ですよ~。

FX
タッカルビだって、輝きたいの

完成したらSNSに投稿しよう

思い通りのシネマグラフができたら、画面右上の共有メニューをタップ。インスタ、ツイッター、フェイスブックにはここから直で投稿できますよ。

シネマグラフ加工をしたチーズタッカルビの画像を保存する方法シネマグラフ加工をした画像をSNSにシェアする方法

インスタに投稿してみました。インスタはGIF画像を受け付けないのでムービーになりますが、こぼれ落ちそうなこのチーズの流れがたまりません。

すみません、取り皿くださいーー!

Tomoko作・その他の作品例

そして、シネマグラフにハマること数日。いろんな食べものに命を吹き込んでいる今日このごろです。例えば、

お団子

先日旅行で訪れた箱根で食べた雲助だんごの雲助セット。ご覧ください、波打つあんこがまるで箱根の山を漂う雲のよう。

雲助だんご
地味にお茶もユラユラ~

プリン

自家製でかプリンも、動きをつけたらよりダイナミックに存在感をアピりだしました。ちなみに、私は昔ながらのカチッとした「ス」の入ったプリンが好きです。

ぷりん
カラメルは苦め派です

インスタにはイカしたシネマグラフのお手本がいっぱい

インスタの『PLOTAVERSE』公式アカウントには、このアプリで作った(とは思えないレベルの)名作がズラリ。私もさらに上を目指してコツコツ頑張ろうと思いました。


Tomoko

この記事のライター
Tomoko

回る洗濯機をつい延々と見つめてしまうクセのある私。Twitterなどでも無限ループGIFを見たら最後、やめどきがわかりません。ところで、もしiPhone Xで保存するときに広告が閉じられない~!ってなった時は画面を横に回転させてみてください。


この記事に関するキーワード