logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

すぐに試せる自撮りのコツ💡撮りやすい持ち方や、かわいく見せる方法をご紹介!📱✨

すぐに試せる自撮りのコツ💡撮りやすい持ち方や、かわいく見せる方法をご紹介!📱✨

こんにちは!オトです!

自撮りをするのって結構難しいですよね😥
インカメラで撮ろうとしても、指が届かなかったりして、思うように写真が撮れないときがあります!

でも、スマホの持ち方を変えたり、ちょっとしたコツをつかむだけで、上手に写真が撮れるようになるので、今回はその方法をご紹介していきたいと思います👆

盛れる自撮りのコツ&おすすめアプリで奇跡の一枚撮影!

自撮りをしやすいスマホの持ち方!

持ち方パターン①

selfie-how-to-hand

初めに、スマホを持つ方の手の
人差し指小指でスマホを挟みます

selfie-how-to-hand

そして中指薬指でスマホの裏側を支えます!

するとスムーズに親指でシャッターボタンを押せるので、自然な自撮り写真が撮れます✨

持ち方パターン②

selfie-how-to-hand

スマホの底部を小指で支えて
他の指で裏側を支えます!

そのまま親指でシャッターを押すと自撮りできるんですが、スマホが大きくて重かったりすると、なかなか安定しないこともあります…。

selfie-how-to-hand

そんなときは、カメラに元から付いている、タイマー機能を使って撮ってみてください!

スマホを支えているだけでよいので、簡単に自撮りができますよ!😊

【自撮りのコツ】画面外のボタンでシャッターを切る方法!

selfie-how-to-hand

ほとんどの人が画面に表示されているシャッターボタンで自撮りしていると思うんですが、画面をタッチするとスマホが動いてしまい、ぶれてしまうことが多いですよね😥

実は、画面にあるシャッターボタン以外でも、シャッターを切れるんです!

持ち方を変えるだけじゃなく、シャッターボタンを押す場所を変えてみるのも、自撮りをうまく撮る方法の1つです!

サイドについている音量調節ボタン

selfie-how-to-hand

iPhoneの左側には、音量を調節するボタンが付いています!

このボタンはシャッターボタンとしても使えるんです!🌟手が画面に触れないので写真がぶれるのを防止できますよ!

スマホ対応イヤホン

selfie-how-to-hand

スマホ対応イヤホンの音量調節ボタンでも、同じように撮影できます!

イヤホンのケーブルは長いので、大勢で撮影するときにぴったりです!

イヤホンを使って撮影しても、シャッター音はスピーカーから出てしまうので、ご注意くださいね!!😊

無料で無音で高画質なカメラアプリ4選【iPhone】

自撮りをするときのポイント

自撮りをするときは角度が大切です!

selfie-how-to-hand

スマホを持つ角度自分の顔の角度を変えるだけで写真の印象がとても変わります!📱

ポイント①

自分が好きな角度まで、手を上にあげて撮ります!

ここで手をあげすぎないのがポイント!自分の好きな角度を見つけて自撮りしてみてくださいね✨

ポイント②

顎を引いて撮るとかわいい印象の自撮り写真が撮れます!

これでかなり印象が変わるのでやってみてくださいね😃

ポイント③

人の顔は左右違うと言われています!

左右どちらの顔で写真を撮るかでとても印象が変わるんです!

自分の利き顔を見つけて自撮りしてみてください😉

グリッドを使ってバランスを見ながら撮影する

selfie-how-to-hand

スマホでの撮影時は、画面に9分割されたグリッドを表示できます!📱

この方法を使うと、バランスや角度がより分かりやすくなって、より良い自撮り写真が撮れます😊

グリッドを表示する方法(iPhone)

グリッドを出す方法はとても簡単です!✨

selfie-how-to-hand

初めに設定画面から【カメラ】のボタンをタップします👆

selfie-how-to-hand

次に【グリッド】のスイッチをONにするとカメラ画面に9分割のグリッドが表示されるようになります!✨写真のバランスが取りやすくなって、いつもよりまとまった写真が撮れるかもしれません!

グリッドを消したいときは、さっきの設定をOFFにすれば元に戻せます😊

自撮りを上手に撮るには、何回も撮ってみて、自分に合っている撮り方を探すことが大切だと思います!🌟

いろんな方法を試して、自分が好きな角度や撮り方を、見つけてみてくださいね😃

オト愛用のカメラアプリ♡Foodie(フーディー)で自撮りがめっちゃ盛れる!
自撮りのポーズネタに困ったら…。『Ulike』の姿勢機能が楽しい!✨
オト

この記事のライターオト
少しでも参考になれば嬉しいです!

この記事に関するキーワード