『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの容量が少なすぎて写真が撮れない…という時の対処・予防法おしえます!

iPhoneの容量が少なすぎて写真が撮れない…という時の対処・予防法おしえます!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

どうも、なんか江ノ島に行きたいポッポです。……僕、iPhoneの残り容量少ないけど、江ノ島に行ったらイッパイ写真撮るんだ(死亡フラグ)

ということで!今回はiPhoneで写真を撮影した時に、容量が足りないよぉ~!とならないための方法をご紹介します!

既に写真で容量がいっぱい!という人がするべきこと

今現在、iPhoneの残り容量(ストレージ)がいっぱいいっぱいで、写真が撮れない!!という人がやるべきこと。

恐らく、カメラロールから

(´-`).。oO(この写真、もういらないかな?)

という写真を削除していくと思います。

ちょっと待って!その前に1つやれることがあります!

「Googleフォト」を活用して写真の容量を節約!

Googleフォト」というアプリ知ってますか?

GmailやGoogleドライブなどと同じ、Googleの写真アルバムサービスの1つです。

しかも、使い方によっては「無料で容量無制限」で写真を保存できます!

Googleフォト」を使えば、iPhoneの容量を節約するために写真を削除しなくて済むのです!

それでは、「Googleフォト」での写真の容量を節約する方法を説明していきますよ!

Googleフォトは「高画質」だと容量無制限!写真が保存し放題!

「Googleフォト」はまずiPhoneのカメラロールに入っている写真のバックアップを取ってくれます。写真の枚数が多いと時間がかかってしまいますが、(できればWi-Fi環境下でやりましょう)とにかく!カメラロールの写真が全て「Googleフォト」に保存されるんです。

iphone-storage
これで容量を大幅節約できる!

「Googleフォト」のアプリを起動し、カメラロールへのアクセスを許可すると、この様に写真のバックアップが始まります。

写真のバックアップは、「元のサイズ」か「高画質」かで選べます。選び方はまず、

iphone-storage

「Googleフォト」の左上にある「」←こういう3本線をタップします。

iphone-storage

その後、メニューの中から「設定」をタップ。

iphone-storage

バックアップと同期」を選択。

iphone-storage

アップロードサイズ」を選択。

iphone-storage
「元のサイズ」だと容量15GBまでなので注意!

すると、「高画質」か「元のサイズ」を選択できます。

そもそも、写真の容量って「高画質」と「元のサイズ」でどっちが上なの?

と思いますよね。なので、まとめました。

比較:「高画質」と「元のサイズ」の違い

高画質 元のサイズ
容量圧縮 される なし
画質制限(画像) 1,600万画素(16メガピクセル) なし
画質制限(動画) 1080p なし

スマホ撮影のみなら「高画質」

実は「iPhone6s」〜「iPhone XS Max」の背面カメラは1,200万画素 (12メガピクセル)です。

これはGoogleフォトの「高画質」設定の制限である1,600万画素(16メガピクセル)を下回っているので、画質は落とされません。ただし元写真の容量だけが圧縮されます。

あとは動画の画質が1080pに制限されるのを気にしなければ、容量無制限&無料でGoogleフォトを使っていけます。

一眼カメラを使うなら「元のサイズ」

一眼レフなどのカメラを使う場合は、1,600万画素(16メガピクセル)を超える写真が撮れます。

なので、この場合はGoogleフォトの「元のサイズ」設定が向いています。ただし、15GBを使い切ると有料で容量を増やす必要があります。

ちなみに、この15GBはGoogleアカウント全体で使用されているドライブと共通です。

15GBは少なくない?

無制限と比べると容量15GBって少ない、なんて思っちゃうかもしれませんが、他の無料クラウドサービスと比べるとこれでもめっちゃ多いです。

例えばiCloudは無料で使える容量は5GB。Dropboxは無料容量は2GBなんです。

例えば、容量2GBの場合、1,200万画素(iPhone XS MAXの背面カメラの画質)の写真約400枚で使い切ってしまいます。

そんな中、(Gmailなどと共用ですが)無料で15GBも容量を使える「Googleフォト」は神アプリと言っても過言じゃないですね。

「Googleフォト」にバックアップを取り終えたら、いらない写真を消して容量を復活!

「Googleフォト」にバックアップを取り終えても、iPhoneの容量の節約になっているわけじゃないです。カメラロールにある写真を消去して初めてiPhoneの残り容量を増やすことができます。

もちろん、iPhoneのカメラロールアプリから写真を消去しても、「Googleフォト」には残っているので大丈夫ですよ!

iphone-storage

「Googleフォト」の下のメニューから「フォト」をタップします。写真や画像がたくさん表示されるので、下にスライドすると、「バックアップしています」という欄と「空き容量を増やす」という欄が表示されます。

この「空き容量を増やす」をタップすると、

iphone-storage

「Googleフォト」にバックアップが取れた写真を、カメラロールから一気に削除できます。写真を1枚1枚選択して削除する必要が無いんです!

個別に削除も可能

「Googleフォト」にバックアップ取ったけどカメラロールから消したいのは数枚だけだ!!

という人は、面倒ですが消したい写真を個別に選びましょう。

iphone-storage

まず、こんな風に写真を選択して、右下にある「ゴミ箱」マークをタップすると、写真を消去できます。

でも、これだけじゃすぐには消去されていないんです!

iphone-storage

カメラロールで削除すると、「アルバム」の下の方にある「最近削除した項目」に一旦移動されます。ここをタップ。

iphone-storage

この様に、直近30日間の削除した写真が表示されます。写真を完全に削除したい場合は、右上の「選択」をタップしましょう。

iphone-storage
ここで写真を削除して、やっと容量も削減できます

そして左下の「すべて削除」をタップして、やっと写真は完全削除されます。

30日経てば自動で消えますが、今すぐにでも残り容量を増やしたい!という人はこの手順を踏みましょう!

iphone-storage
個別で写真削除も可能

ちなみに、消したい写真を選択すれば、選択した写真だけを削除することができます!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。