『かわいい』が生まれる場所。

【白加工】よりこだわりたい人におすすめのSnapseedで加工する方法

【白加工】よりこだわりたい人におすすめのSnapseedで加工する方法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Instagram(インスタ)のプロフィール画面に統一感を出すために人気の系統のひとつが「白加工」です。白をキーにすることで、いろいろなものを投稿しても統一感を出すことができます。

インスタのアプリだけで簡単に白加工もできますが、やっぱり写真によって微妙に調整したいこともありますよね。

そんな人におすすめなのが「Snapseed(スナップシード)」というアプリです。


白加工にオススメのアプリ

Snapseed(スナップシード)

Snapseedの使い方まとめ記事のアイキャッチ

Google(グーグル)からリリースされている画像加工アプリSnapseed。明るさ・コントラスト等の基本的な編集機能に加え、フィルターを自分で作れる機能や少し斜めを向いた顔をこちらに向けられる機能や粒子加工など…もうなんでもできます!私も最近オシャスタグラマーの人に勧められて手放せなくなっているくらいオススメなのですが、できることが多すぎて使いこなすのが難しいことが難点…!笑

SnapSeedの使い方まとめの記事は、できることが多すぎて見出しが30個くらいになっちゃいました!

すべてを覚えて使いこなすのは難しくても、必要な機能だけ覚えて、サクッと素敵な写真にしちゃいましょう♪

スタジオ撮影みたい!オトナっぽい白加工のやり方

それでは、具体的な加工方法について。白をベースにした、オトナっぽい白加工のSnapseedを使ったやり方をご紹介します。

Snapseedで加工した白加工のイメージ画像

今回はこの、青森の曇り空の中で撮った、白いはずの紙コップを白くしていきます。

how-to-edit-white-filter

Snapseedで白加工する方法(1/2)

Snapseedを開いたら、「ツール」をタップし、「画像調整」を開きます。

ト

数値をそれぞれこんな感じで調整します。

ト

明るさ +100
コントラスト +50
彩度 +50
アンビアンス 0
ハイライト +30
シャドウ 0
色温度 0

写真によって異なりますが、明るさを100・コントラストを高めに設定するのがポイントです。

Snapseedで白加工する方法(2/2)

white-edit

「明るさ」を高くすると少しぼやっとなってしまうので、「ディテール」から「ストラクチャ」も様子見てあげておきましょう。

ト

これでSnapseedを使った白加工は完成です☆すっきりした感じ出てますでしょうか?

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。