『かわいい』が生まれる場所。

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

売り上げを受け取るときにかかる!「振込手数料」

商品が売れたときに計上される販売利益。メルカリではお金のやり取りを直接行わないため、購入者から振り込まれたお金はメルカリ事務局がストックしています。そのストック分を受け取る際にかかるのが「振込手数料」です。

売上金額が211円以上あれば、振込申請を行えますが、手数料210円が発生します。

例えば……

1000円の売り上げを振込申請する
     ↓
振込手数料210円が差し引かれる
     ↓
790円が自分の口座に振り込まれる


となります。

ただし、振込申請の金額が1万円を超えた場合、振込手数料は0円になります。この場合も、早く受け取ることを優先するのか、お得さを優先するのか決断をする必要がありますね。

口座情報の入力ミスに注意!

振込申請の手続きで登録する自分の口座情報を間違えてしまうと、さらに余計な手数料がかかってしまうので要注意!

もし存在しない口座を登録してしまった場合は、再振込手数料が210円かかります。別の誰かの口座を登録してしまい、そこに振り込まれてしまった場合は、「組戻し」が発生します。組戻し料金は630円、そこに手数料210円が加算されると、合計840円の手数料が売り上げから差し引かれてしまいます。口座登録の際は十分に注意しましょう。

振込申請の流れや手数料については、こちらの記事をチェックしてみて。
[メルカリ出品編]売上金額を受け取ろう。振込申請にチャレンジ!

お得に賢く手数料を節約しよう!

メルカリで売上金額を受け取ろう

買う側、売る側両方の視点で、かかる手数料についてまとめてみました。お得に取引したのに手数料を取られてしまうと損した気分になってしまいますが、「販売手数料」以外は手数料を0円にする方法があります。

最大限お得を求めることもできますので、自分のスケジュール・タイミングと相談して賢くメルカリを楽しみましょう♪

関連:メルカリ記事一覧

pixy
この記事のライター
pixy

-->

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。