『かわいい』が生まれる場所。

文字入れアプリ【Phonto(フォント)】の使い方!お洒落な文字を入れて、写真をもっと可愛く♡

文字入れアプリ【Phonto(フォント)】の使い方!お洒落な文字を入れて、写真をもっと可愛く♡

みなさんこんにちは。あめです!

今日は文字入れ加工アプリ、「Phonto」の基本的な操作について説明していきたいと思います^^

「Phonto」には、文字入れ機能だけではなく、様々な機能があります。

  • 画像のコラージュ機能
  • ♡や☆などのスタンプ機能
  • 画像のフィルタリング機能

などなど!これひとつで加工が完結してしまうすぐれものなんです!

もちろん文字入れ機能も優秀♡縁取りや影入れ、文字の間隔など細かい文字の設定が可能です。また、使えるフォントの数も豊富なうえに、ネット上に落ちているフリーフォントなどをインストールして使うこともできちゃうんです!

APPTOPIライターたちもよく使ってる鉄板文字入れアプリ「Phonto」の使い方を、今日はレクチャーしていきたいと思います☆

『アーチ文字』でワンランク上の加工に♡文字入れアプリ【Phonto】を使ったやり方&応用

文字入れ機能だけじゃない!!「Phonto」ひとつでこれだけできます!!

「Phonto」の操作説明に入る前に、まずはわたしが「Phonto」を使って作成した画像をご覧ください。

phonto

今年の夏に着た浴衣の写真に、文字入れしてみました♡

こちらの画像を作成するには、4つの工程を経ました。

  1. メイン画像(背景)の選択
  2. 画像のトリミング&貼り付け
  3. 文字の挿入
  4. スタンプの挿入

これがすべて、「Phonto」1つでできてしまうんですね。わたしのようなアプリ音痴にはとても助かります!

今日はこの画像を作る手順を例に、文字入れを含めたPhontoの操作方法を説明していきたいと思います。

【手順その①】メイン画像の選択

まずはメインとなる画像を選択していきます。

ホーム画面のカメラのマークをタップして、編集スタートです。

phonto

「写真を撮る」を選択するとその場で写真を撮ることができ、「写真アルバム」を選択すると、カメラロールの中から画像を選択できます。

「プレーンな画像を使用する」を選択すると、ベタ塗画像を作成・使用できますよ!

今回は切り抜き風の画像にしたいので、ベタ塗のプレーンな画像を用意します。

phonto

はじめにスタイルを決めると色やサイズを決定する画面に移ります。

わたしはインスタにあげたいなと思ったのでサイズはそのまま、正方形を選びましたが、横長や縦長など、様々なサイズにできますよ。

phonto

色はもちろん1色だけにもできますし、5色までなら図のようにグラデーションにすることも可能です。

また、プリセットされているグラデーションパターン(パレット左にあるハンバーガーアイコンから選択可)や、自分で作成したパターンも使用できます。

phonto

画像の設定が完了したら、右上のボタンを押して、「使用する」または「保存して使用する」を選択してください。

これで、背景画像は準備完了です!

カメラロールからメイン画像を選ぶ場合はフィルターをかけられる!

phonto

写真アルバム」をタップしてカメラロールから画像をインポートする場合は、このようにフィルターをかけることもできます!

有料のものもありますが、無料のものでも十分に映えさせることができるのでご安心ください!

【手順その②】写真をトリミング&貼り付け

背景が決定したところで、次は切り抜き風に写真を貼り付けていきたいと思います!

phonto

編集画面左下にあるハンバーガーアイコンをタップして、「画像を追加」をタップしてください。
するとカメラロールが開き、画像を選択できます。

カメラロールから写真を選択したら、画像をトリミングします。

トリミングできる形は正方形から星形、花形、または文字の形までさまざま。有料でしか選択できない形もありますが、無料でも十分使うことができますよ!

phonto

画像は貼り付けた後、サイズや傾き、透明度などを変更できます。

phonto

お好みで整えてください。

ただ、最初にトリミングした形は変えられないので、思った感じと違ったら削除して貼り付けなおしましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。