logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法


日本語入力ができない

突然日本語入力ができなくなってしまうことがあります。

日本語が入力できなくなってしまうと、メッセージを送れないし、インターネットの検索もできずに困ってしまいますよね。

こちらはキーボードの設定が変更されている可能性があります。まずは設定を確認しましょう。

キーボードをタップできない・表示されない

入力するためのキーボードが触れなくなったり、表示されないこともあります。こうなってしまうとiPhoneの故障を疑いますよね。
 
このように文字入力がおかしいと一言でいってもいろんな不具合があります。なぜこのように文字入力が突然おかしくなってしまうのでしょうか?

iPhoneの文字入力がおかしい原因は?

iPhoneの文字入力がおかしくなってしまう原因はいくつかあります。

原因がわかれば対処することもできますよね。ここで、文字入力がおかしくなってしまう原因を紹介します。

考えられる原因は下の通りです。

  • iOSのバージョンが最新でない
  • たくさんのデータを使用しているため、容量がいっぱいになっている
  • アプリ側の不具合
  • iPhoneのデフォルトで設定されている機能が邪魔している
  • 設定がいつの間にか変更されている

それでは、それぞれの原因を細かくみていきましょう。

iOSのバージョンが最新でない

iOSのバージョンが最新でないと、不具合が発生することがあります。

iOSの更新作業は時間がかかるので後回しにしがちですが、不具合を引き起こす原因にも繋がります。

気付いたら早めにiOSの更新作業をしましょう。

たくさんのデータを使用しているため、容量がいっぱいになっている

iPhoneはとても性能がいいですが、データの容量には限りがあります。

ついついギリギリまで使ってしまうと、データが重くなって動作に影響してしまうことがありますよ。

現在どのくらいの容量を使っているのかは、こちらの方法で確認できます。

iPhoneの容量の確認方法

  1. ”設定”アプリを開く
  2. ”一般”をタップ
  3. ”iPhoneストレージ”をタップ

ト

このように容量が多くなっていると、iPhoneの処理能力が低下するので文字入力の動きも悪くなります。

アプリ側の不具合

他のアプリでは文字入力ができるのに、特定のアプリで文字入力がおかしい場合があります。

この場合はそのアプリに不具合が起こっている可能性が高いです。

また、Simejiなどのキーボードアプリが不具合を起こしている場合もあります。

特定のアプリでのみ症状がでているなら、アプリ側の不具合を疑いましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。