『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法


iPhoneのデフォルトで設定されている機能が邪魔している

iPhoneには、文字入力を補助する便利な機能がたくさんあります。

しかし、その機能が思ってもみないところで文字入力の邪魔をしてくる場合もあります。

この機能をオフにすると、今までおかしいと思っていた文字入力がスムーズになることもあります。

設定がいつの間にか変更されている

iPhone自体の設定がいつの間にか変わっていることがあり、キーボードの設定で意図しないキーボードが追加されていたり、日本語入力キーボードがオフになっていることがあります。

こちらの設定が変わっていたら、元の設定に戻しましょう。

では続いて、これらの原因に対する対処法を紹介していきます。

おかしいiPhoneの文字入力を正常に直す方法

今回紹介する方法は、どれも簡単に試すことができるので、文字入力がおかしくなってしまった場合はぜひ試してみてくださいね。

  • 方法①:iPhoneを再起動する
  • 方法②:iOSのバージョンを最新にする
  • 方法③:不要なデータ(画像や動画)を削除する
  • 方法④:マルチタスクのアプリを削除する
  • 方法⑤:特定のアプリをアップロード、または再インストールする
  • 方法⑥:辞書のリセット
  • 方法⑦:”iCloud Drive”をオフにする
  • 方法⑧:「自動修正」をオフにする

方法①:iPhoneを再起動する

一度電源を切ることで、突然起こってしまった不具合を直せることがあります。

まずは簡単にできる再起動を試してみてください。

再起動できたら、文字入力を試してみてください。おかしかったところが直りましたか?

直らなかった場合は、次の方法②iOSのバージョンを最新にする方法を試してみてください。

方法②:iOSのバージョンを最新にする

iOSのバージョンを最新にすることで、起こっていた不具合を解決できることがあります。

この方法は通信量が必要なので、Wi-Fiに接続しているときに行うのがおすすめです。また、時間もかかるので時間に余裕があるときに行うのがいいでしょう。

バージョンを最新にする前に、念のためこの動作を行っておくと安心です。

iOSのバージョンを更新する前の準備

  • データのバックアップをとる(iCloudもしくはiTunes)
  • バッテリーの充電が十分されている状態にする

それでは、iOSのアップデートの方法をご紹介します。

こちらで不具合が直らない場合は、不要なデータを見直してみましょう。

方法③:不要なデータ(画像や動画)を削除する

使用しているデータ量が多くなり、ストレージがいっぱいになってしまうと動作が重くなる原因にもなります。不要な画像や動画を削除して容量を確保しましょう。

”最近削除した項目”を完全に削除することで、しっかり容量を確保することができます。

画像やデータを削除後、ゴミ箱にある画像も忘れずに削除しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。