『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法

iPhoneの文字入力がおかしい!困ったら試してほしい8つの対処法

iPhoneで急いでメッセージを送らなきゃいけないのに、「あれ?文字入力がおかしい!」と困ってしまった経験はありませんか?

送りたいメッセージがあるのに、おかしい文字入力のせいでメッセージの送信を邪魔されてしまうとイライラしてしまいますよね。

どうしてこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

文字入力がおかしいといっても、いろんな現象があります。

今回は文字入力の支払いを引き起こしてしまう原因と対処法を紹介します。

どれも簡単に試せるので、困ったときにぜひ参考にしてみてくださいね。


iPhoneの文字入力、おかしいのはどこ?

iPhoneの文字入力がおかしくなってしまったのは、どこでしょうか?

まずは、どこでどのようにおかしい文字入力になってしまうのかを確認しましょう。

iPhoneの文字入力のおかしいところとして、多く報告されているのはこちらの通りです。

  • 文字入力が遅い
  • 漢字変換ができない・予測変換ができない
  • フリック入力ができない
  • 入力したらすぐに確定される
  • 日本語入力ができない
  • キーボードをタップできない・表示されいない

それぞれの不具合の特徴を紹介していきます。同じ症状がないか、確認してみてくださいね。

文字入力が遅い

文字をいつものように入力しているのに、操作に文字入力が追いつかず、少したってから画面に反映される不具合です。

文字入力の後に、5秒ほど経ってから文字が入力されて、さらに変換するのにも時間がかかってしまうこともあります。

思うようにいかない動作になってしまうとストレスになりますよね。

動作が重くて文字入力がおかしい場合は、iPhoneの処理能力が低下している可能性があります。

漢字変換ができない・予測変換ができない

普段気にせずにiPhoneを操作していますが、無いと困ってしまうのが予測変換です。

予測変換機能は、よく使う言葉をiPhoneが覚えて、文字の頭文字を入力したときに候補として提案をしてくれる機能です。

例えば、”あ”と入力したときに、”ありがとう”などのよく使う言葉が候補として出てくるので、選択するとその文字が入力されます。

”あ”だけで文章を作ってくれるので、とても便利な機能ですよね。

この予測変換が仕事をしないことがあり、漢字に変換できなかったり、予測変換を画面に表示しているにも関わらず、選択できなかったりという現象が起こります。

今までスムーズに使えていた便利な機能が突然使えなくなってしまうと、文字入力が面倒くさくなってしまいますよね。

フリック入力ができない

指をスライドさせて文字を入力する方法をフリックといいますが、このフリックの反応が悪かったり、フリーズしてしまうことがあります。

普段フリックで文字入力している方にとっては、フリックできなくなってしまうと、何度もタップして文字入力をしなければならないので、とても不便ですよね。

入力したらすぐに確定される

確定を押していないのに、勝手に確定になってしまうことがあります。

変換しようとしていたのに、漢字やカタカナに変換できなかったり、ひどいときには単語の途中で確定されてしまうこともあります。

文章は入力できますが、変換ができないと意味が通じにくい文章になってしまいますよね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。