logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【Phonto】文字入れだけのアプリじゃなかった?!飾り用フォントで上品に♥

【Phonto】文字入れだけのアプリじゃなかった?!飾り用フォントで上品に♥

皆さんこんにちは!Yunaです♥

今回は、フォントの種類が豊富な文字入れアプリとして有名の【Phonto(フォント)】で出来ちゃうとっても簡単な裏ワザを紹介します!

意外と知られていないので、普段から【Phonto】を使ってるよ~!という方も必見です(^^)/

文字入れアプリ「Phonto(フォント)」の使い方!【基本編】

「飾り用のフォント」があるって知ってた?

1行目と産業目の文字の両端に、カッコのようなものが付いているのがわかりますか?

実はこれ、カッコではなくて、Phontoで使えるとあるフォントの文字なんです!!!

ローマ字の原形は全くとどめていないので文字としては使えませんが、おしゃれな飾りとしては満点ですね!(そのためのフォントかもしれません)

Phontoの飾り用フォントの使い方

①画像を選択した後、画面をタップし、【文字の追加】を押します。

②【フォント】を押します。

③飾り付け用フォントを選びます。「Melany Love Bold」と「Menlo Bold」というフォントの間にありますよ!フォントはA,B,C…とローマ字順なので、【M】のところを目安に探すとすぐに見つかります。

飾り付け用フォントは2種類ありますが、太さが違うだけなので好きな方を選んでください。

④たくさんの文字の中から好きなものを選びます(左右対称で二個セットになっているものが多いです)。

⑤【空白】を使って好きなだけ間をあけて、【完了】を押します(後からでも変えられるので適当で大丈夫です)。

⑥画像や文字に合わせて自由に配置します。

指でも移動させられますが、細かい移動やサイズ変更が可能なので場合によっては下のメニューを使うとやりやすいです。

飾り付け用フォントの文字紹介

たくさん種類があるので参考になるように全てを載せておきます!

最初のほうは全部左右対称の二個セットになっています。

後半は矢印やハートなど、記号のようなものもあります。

応用編♥飾り用フォントでラインを作ろう

色々な文字を不規則に繋げるとこのようにラインとしても使えます!

先ほどのやり方で一個ずつ繋げていってもいいのですが、簡単にできる方法があるので簡単に紹介します。

飾り用フォントでラインを作る方法

先ほどと同様に画面をタップして文字入力画面を出します。

ここで、飾り付け用のフォントではなく、何でも大丈夫なので、文字が読めるフォントを選択します。

適当に文字を入力したら、【フォント】を押して、先ほどの飾り付け用フォントを選び、【完了】を押します。

こうすることでランダムに色々な形の文字が組み合わさってお洒落になります♥

1/2

この記事に関するキーワード