『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの画面が暗い!勝手に暗くなるのを防ぐ方法とは?

iPhoneの画面が暗い!勝手に暗くなるのを防ぐ方法とは?

iPhoneをお持ちのみなさん。みなさんはiPhoneを使用している最中に、急に画面が暗くなってしまって困ったことはありませんか?

「さっきまで普通だったのに急に暗くなった!」「故障してしまったのかな?」などと不安になった経験がある人は、意外と多いかと思います。

今回は、そんな人のために、iPhoneの画面が暗くなってしまう原因や、iPhoneの設定や機能についてご紹介します。

お店で診断や修理をしてもらう前に、原因や設定を改めて確認することで、わざわざお店まで行く手間を省けるかもしれません。

  1. iPhoneの画面が暗い原因を知る
  2. iPhoneの画面が暗いときの対処法を試す
  3. それでも直らない場合は…

上記の流れで、自分のiPhoneがどのような状況なのか、ぜひお店に行く前に、一緒にチェックしてみましょう。

iPhoneの画面が暗い原因

「さっきまでは普通だったのに急に画面が暗くなった!どうして…」という人で、原因として可能性が一番高いのは、ズバリ“iPhoneの設定”の問題です。

POINT

  • 「明るさの自動調整」がONになっている
  • 「NightShift」がONになっている
  • 「ホワイトポイントを下げる」がONになっている
  • 「省電力モード」がONになっている

上記のような原因が考えられます。ひとつずつ詳しく見てみましょう。

「明るさの自動調整」がONになっている

まず、1つ目の原因として考えられるのは「明るさの自動調整」がONになっていることで、勝手に画面が暗くなってしまっているということです。

iPhoneには、画面の明るさを、自分の今いる環境の明るさに合わせて、自動調整してくれる設定があります。

この設定をONにしていると、暗い部屋や夜にiPhoneを開くときには画面が自動で明るくなり、逆に、明るい部屋や昼間にiPhoneを開くと画面が自動で暗くなります。

iPhoneを購入したときに初期設定で知らずに、設定している人も多い設定のひとつのため、原因として考えられます。

「NightShift」がONになっている

続いて、2つ目の原因として考えられるのは「NightShift」がONになっているということです。

NightShiftを設定すると、画面をずっと見て、酷使している目をいたわれるように、目にやさしいとされている暖色系にディスプレイの色合いを変えてくれる設定があります。

普段の色合いとは、だいぶ雰囲気が変わるので画面が暗く感じる人も多いようです。

「ホワイトポイントを下げる」がONになっている

続いて、3つ目の原因として考えられるのは「ホワイトポイントを下げる」という設定が、ONになっているということです。

ホワイトポイントとは、iPhoneの画面全体の明暗のバランスを設定できる機能のことです。これが下がってしまっていると、画面が暗くなってしまいます。

「省電力モード」がONになっている

続いて、4つ目の原因として考えられるのは「省電力モード」がONになっており、勝手に働いてしまっているということです。

省電力モードを設定すると、iPhoneの充電残量が少なくなったときに、自動的に低電力モードに変わり、電池の消費量を抑えようと色々な機能を制御するようになります。

省電力モードがONになっていると、省電力モードが働いたときに、画面の明るさもいつもの明るさよりも下がってしまうため、ふと画面を見たときに、暗くなっている場合があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。