スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの画面が暗い!勝手に暗くなるのを防ぐ方法とは?

iPhoneの画面が暗い!勝手に暗くなるのを防ぐ方法とは?

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

こまめに再起動をする

先ほど、主電源を切るようにとご紹介しましたが、電源関係でいえば、こまめに再起動をかけるのもiPhoneのもちを長くする一つの方法と言われています。

再起動をすると、動きが一度リセットされるので、一時的な不具合が改善されたりします。そのため、行っておいて間違いはないでしょう。

落とさないように気を付ける

iPhoneは落としてしまうと、隅っこが欠けてしまったり、画面にヒビが入ってしまうなどの外的な破損以外にも、内部的な部分が故障を起こしやすくなってしまう可能性もあります。

先ほど出てきた近接センサーの不具合なども考えられるので、スマホリングの装着や、強化ガラスのシートを貼り付けるなどして、しっかりと対策しましょう。

純正品の充電ケーブルを使用する

みなさんはiPhoneを充電するとき、付属で付いてきた純正品ケーブルを、ちゃんと使用されていますか。ときどき、別ブランドや家電量販店で個別で購入した充電ケーブルを使用されている方がいます。

絶対にやめたほうがいいというわけではありませんが、ものによっては、充電している際の電圧の加わり方が変わってしまい、iPhoneのもちが悪くなってしまう場合があります。そのため、純正品のケーブルを使用して充電するようにしましょう。

純正品のケーブルを使用していたとしても、たこ足配線で充電していると、それでも電圧の加わり方は変わる可能性があるので、注意が必要です。

画面が暗いときは焦らず色々と試してみましょう!

今回の記事では、iPhoneの画面が暗い場合や、勝手に暗くなるのを防ぐ方法について、詳しくご紹介させていただきました。

iPhoneは便利な機能が沢山ついているのがメリットといえますが、逆を言えば、知らない設定が勝手に働いてしまい不便が生じることもあるようですね。

画面が暗いと、文字も画像も何もかも見づらくなってしまうので、思わず焦ってしまいますよね。

そんなときは、上記でご紹介した原因や対処法について、当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

また、故障で画面が暗くなってしまわないように、日頃からiPhoneを大切に使っていたわってあげてくださいね。みなさんが、素敵なiPhoneライフを過ごされますように。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。