スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhone/iPadが重い?そんなときはメモリ解放で解決!

iPhone/iPadが重い?そんなときはメモリ解放で解決!


無料で使える「お掃除アプリ」を活用する

App Storeでは無料で使える「お掃除アプリ」が多数公開されています。

「お掃除アプリ」を入れておけば、iPhone/iPadのメモリを自動で解放して、デバイスの動作を適正化してくれるのでおすすめです。

おすすめの「お掃除アプリ」については、あとから詳しく紹介しますね!

Wi-Fi/Bluetoothをオフにする

iPhone/iPadのWi-FiやBluetoothを一度オフにするのも、有効的なメモリを解放する方法です。

一度オフにした後に、再度オンにすればメモリが解放されます。

iPhone/iPadでWi-Fi/Bluetoothをオフにする方法は2パターンあるので、それぞれ紹介していきます。

「設定」画面からWi-Fi/Bluetoothをオン/オフにする方法

iPhone/iPadの「設定」をタップして「Wi-Fi」をタップしてください。

Bluetoothをオン/オフ

画面上部の「Wi-Fi」のスイッチを使ってオン/オフを切り替えます。

Bluetoothをオン/オフ

「設定」画面に戻って「Bluetooth」をタップします。

Bluetoothをオン/オフ

画面上部の「Bluetooth」のスイッチを使ってオン/オフを切り替えます。

Bluetoothをオン/オフ

このようにWi-FiとBluetoothのスイッチをオン/オフに切り替えてメモリを解放してみましょう。

STEPおさらい

  1. 「設定」>「Wi-Fi」の順番にタップ
  2. 「Wi-Fi」のスイッチをオフ
  3. 「設定」>「Bluetooth」の順番にタップ
  4. 「Bluetooth」のスイッチをオフ

「コントロールセンター」からWi-Fi/Bluetoothをオン/オフにする方法

iPhone/iPadには「コントロールセンター」と呼ばれる、便利な機能画面があります。

iPhoneのコントロールセンター起動するには、画面下から上方向にスワイプしてください。

Bluetoothをオン/オフ

ホームボタンの無いiPadやiPhone X以降のデバイスは、画面右上から下方向にスワイプしましょう。

Bluetoothをオン/オフ

コントロールセンターが表示されます。画面右上にある「Wi-Fiアイコン」「Bluetoothアイコン」をタップすることで、オン/オフを切り替えられます。

Bluetoothをオン/オフ

ONの状態だとアイコンが「青」になり、オフの状態になると「グレー」に色が変化します。Wi-FiとBluetoothのスイッチをオン/オフに切り替えてメモリを解放してみましょう。

iOSをアップデートする

iPhone/iPadにインストールされているiOSが最新のバージョンになっているか確認しましょう。

最新のiOSにアップデートすることで、iPhone/iPadの動作を早めることができます!

iPhone/iPadのバックアップを取っておこう!

iPhoneのiOSをアップデートする前に、必ずiPhoneのバックアップを取っておきましょう。

iOSのアップデート時に何らかの問題が発生し、iPhone内のデータがすべて削除されてしまうことがあります。

大切な写真や動画のデータ、メールやSNSのログイン情報を守るためにも、バックアップは非常に重要です!

必ずバックアップを取ってから、iOSをアップデートしましょう!

iCloudを使ったバックアップ方法

iCloudを使ったバックアップ方法を利用すれば、PCが無くてもiPhone内のデータファイルをクラウド上にバックアップできます。

iPhoneの「設定」から「Apple ID」をタップしてください。

iCloudバックアップ

「iCloud」をタップして選択します。

iCloudバックアップ

「iCloud」画面を下方向にスワイプして「iCloudバックアップ」を選択し、「iCloudバックアップ」のスイッチをオンにするか、「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。

iCloudバックアップ

これで完了です!

手順のおさらい

  1. 「設定」>「Apple ID」>「iCloud」の順番にタップ
  2. 「iCloudバックアップ」を選択
  3. 「iCloudバックアップ」のスイッチを選択する、または「今すぐバックアップを作成」をタップ

iTunesを使ってPCにバックアップする方法

iPhoneのデータファイルをバックアップする場合は、PCにiTunesをインストールしておく必要があります。

MacにはiTunesが標準インストールされています。

しかし、Windowsユーザーの場合は事前にApple公式ページからiTunesをインストールしておく必要があります。

下のリンクからiTunesをダウンロードできるので活用してください。
iTunes – Apple(日本)

iPhoneとPCをケーブルで接続するとiTunesが自動で起動します。

画面上部のメニュー一覧から「iPhoneアイコン」をクリックしてください。

iCloudバックアップ

左側のメニュー一覧にある「概要」をクリックして「今すぐバックアップ」を選択します。

iCloudバックアップ

これでバックアップが完了です!

手順のおさらい

  1. iPhoneとPCをライトニングケーブルで接続
  2. iTunesを起動して画面上部の「iPhoneアイコン」をクリック
  3. 画面左側のメニューから「概要」を選択
  4. 「今すぐバックアップ」をクリックしてアップデート

自動でiOSアップデートする方法

iOSの自動アップデートは、iPhoneを起動していなくても設定した時間に自動でアップデートされる機能です。

注意POINT

  1. 充電した状態でなければ自動アップデートされない
  2. Wi-Fiに未接続だと多くの通信量を消費してしまう
  3. iOSアップデートしたくない場合でも勝手にされてしまう

上記の注意点をよく読んだ上で、早速iOSの自動アップデートの設定方法を確認してきましょう。

iPhoneの「設定」をタップして「一般」を選択してください。

自動バックアップ

続いて「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

自動バックアップ

アップデート画面が表示されるので「自動アップデート」を「オン」に切り替えましょう。

自動バックアップ

手順

  1. iPhoneを起動して「設定」をタップ
  2. 設定画面にある「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順番にタップ
  3. アップデート画面で「自動アップデート」をタップ
  4. 自動アップデートのスイッチを「ON」に切り替え

手動iOSアップデートする

続いて、iOSを手動でアップデートする方法を紹介します。

最新のiOSに非対応のアプリをプレイしている時や、最新iOSの不具合を確認してからアップデートしたい人におすすめの方法なので、しっかりと覚えておきましょう!

注意POINT

  1. 手動操作しないとiOSがアップデートされない
  2. Wi-Fiに未接続だとパケット通信料が高くなる

上記の注意点をよく読んだ上で、早速iOSの手動アップデートの設定方法を確認してきましょう。

iPhoneを起動して「設定」>「一般」の順番にタップします。

手動アップデート1

「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。

手動アップデート2

「今すぐインストール」をタップして最新のiOSにアップデートしましょう。手動アップデート状態を維持したい場合は、自動アップデートのスイッチを「オフ」に切り替えください。

手動アップデート3

手順

  1. iPhoneを起動して「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順番をタップ
  2. 「今すぐインストール」をタップして最新のiOSにアップデート
  3. アップデート完了後、同じ手順を実行し「自動アップデート」をタップ
  4. 自動アップデートのスイッチを「オフ」に切り替え

PCと接続してiTunesでiOSをアップデートする方法

iPhoneとPCをライトニングケーブルで接続して、iOSをアップデートする方法を紹介します。

注意POINT

  1. 手動操作でアップデートする必要がある
  2. iTunesをインストールしたPCが必要

上記の注意点をよく読んだ上で、早速PCを使った、iOSのアップデート方法を確認してきましょう。

Macを利用している人はiTunesが標準インストールされています。

Windows PCの方は、下記のApple公式サイトより、Windows専用のiTunesをインストールしておきましょう。
iTunes – Apple(日本)

iPhoneとPCをケーブルで接続するとiTunesが自動で起動します。画面上部のメニュー一覧から「iPhoneアイコン」をクリックしてください。

iTunes手動アップロード1

左側のメニュー一覧にある「概要」をクリックすると「アップデートを確認」ボタンが表示されるのでクリックしましょう。

iTunes手動アップロード2

これで完了です!

手順おさらい

  1. iPhoneとPCをライトニングケーブルで接続
  2. iTunesを起動して画面上部の「iPhoneアイコン」をクリック
  3. 画面左側のメニューから「概要」を選択
  4. 「アップデート」を確認をクリックしてアップデート

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。