『かわいい』が生まれる場所。

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を転送する方法とは?手順を詳しく解説

iTunesを使わずにiPhoneに音楽を転送する方法とは?手順を詳しく解説

パソコンからiPhoneへ音楽を転送する時、iTunesを利用している人がほとんどでしょう。

ですが、iTunesで同期したらiPhoneに保存していた音楽が上書きされて消えてしまったり、エラーが発生して音楽の転送が行えないことも少なくありません。

そんな時には、ネット上で入手できるソフトを使うことで、iTunesを使わずにiPhoneへ音楽が転送することもできます。

そこで今回は、iTunesを使わずにiPhoneに音楽を転送する方法やソフトの使い方を詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

iPhoneに音楽を転送する方法は2パターン

iPhoneに音楽転送する方法は、

  • iTunesを使って音楽を転送する方法
  • iTunes以外のソフトウェアを利用する方法

の2パターンあります。

では、iPhoneに音楽を転送する方法について詳しくチェックしていきましょう。

iTunesを使って音楽を転送する方法

パソコンからiPhoneに音楽を転送する場合、アップル社の純正ソフトであるiTunesを利用して転送している人がほとんどでしょう。

ですが、iTunesは多彩な機能が備わっている分、操作が複雑で音楽の転送の方法が分からないという人もいるのではないでしょうか?

まずはiTunesを使って、音楽を転送する正しい方法をおさらいしてみましょう。

iTunesを起動して、パソコンとiPhoneをケーブルで接続しましょう。

iTunesの画面上にある、iPhoneの形をしたアイコンをクリックして下さい。

iTunesを使って音楽を転送する方法

左側にあるメニューから、「ミュージック」を選択します。

iTunesを使って音楽を転送する方法

「音楽を同期」にチェックを入れ、「ミュージックライブラリ全体」か「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」のどちらかにチェックを入れましょう。同期する音楽を選択した後に「適用」をクリックすると、同期が始まってiPhoneに音楽が転送されます。

iTunesを使って音楽を転送する方法

iTunes以外のソフトウェアを利用する方法

ネット上で手に入れられる別のソフトウェアを利用すれば、iTunesを使わなくてもパソコンからiPhoneへ音楽を転送することができます。

なので、iTunesの操作が複雑で分かりにくい、動作が重くて使いにくい、エラーが発生してiTunesが使えないという時は、iTunesの代わりになるソフトウェアを利用するのも1つの手ですよ。

そこで、iTunes以外におすすめソフトを次で詳しく解説しますね!

【iTunesを使わない】iPhoneに音楽転送するソフト一覧

iPhoneに音楽が転送できるソフトをインストールすれば、iTunesを使わずに音楽を転送できるようになります。

ここでは、機能が充実していて使い勝手が良いおすすめのソフトをご紹介していきますね。

CopyTrans ManagerでiPhoneに音楽転送

【iTunesを使わない】iPhoneに音楽転送するソフト一覧

引用:CopyTrans Manager

CopyTrans Manager」をパソコンにダウンロードすれば、iTunesを使わずにiPhoneの音楽を転送できるようになります。

CopyTrans Managerは、パソコンに保存されている音楽ファイルを、画面上にドラッグ&ドロップするだけで、簡単にiPhoneへ音楽を転送できる便利なソフトです。

動作も軽くて操作も直感的に行えるので、パソコンの操作が苦手な人でも非常に使いやすいですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。