『かわいい』が生まれる場所。

iPadの写真をパソコンに転送する方法は?PCからiPadに移す手順も解説!

iPadの写真をパソコンに転送する方法は?PCからiPadに移す手順も解説!

iPadは近年どんどん進化してきており、軽量化されているのに大容量且つ手軽に持ち運べるminiなども存在し、PCに引けを取らない使いやすさがでてきました。

スマホよりも画面が大きいので写真の立体感もあり、仕事だけでなくプライベートまで活躍の場を広げています。

そんなiPadも大量の写真を撮り続ければたちまち容量がいっぱいになってしまいますよね。でもせっかくの思い出の写真だから消すのはもったいないと誰しもが思うことです。

今回はそんなiPadに溜まった写真をPCに転送する方法と、逆にPCからiPadに転送する方法についてご紹介していきます。

iPadの写真を転送する前に

ではさっそくiPadの写真を転送しよう!とその前に事前に準備しておくことがありますので、まずはそちらからご紹介していきます。

準備することは下記の3つになります。

  1. ライトニング-USBケーブルを準備する
  2. iTunesをPCにインストールする
  3. 自動同期をoffにしておく

ではまず初めに、ライトニング-USBケーブルの準備から始めましょう。
iPhoneやiPadをお持ちの方ならほぼ誰しもが持っている充電ケーブルです。これは充電以外にもPCとiPhoneやiPadをつないでデータを共有するために必要なものとなります。

充電だけならと先端がUSBではなく電源コネクタにケーブルが直結しているものもあるので、そういった場合はUSBタイプのものが必要です。

もし持っていない!という方は購入しておきましょう!近くの電気屋で販売している他、コンビニなどでも売っていますので入手方法は簡単です。まずはこれがないと先に進みませんので、必ず用意しておきましょう。

ケーブルの用意ができたら、次にiTunesのインストールする手順についてご説明していきます。

iTunesをインストールする

ではまず初めにiTunesのインストールする方法についてご説明していきます。お手持ちのPCがApple製品であれば基本的には購入した時からインストールされているので、今回はWindowsユーザーの方のための手順です。

iTunesはMicrosoft Storeからインストールできるので、ご説明していきます。

初めにホーム画面から左下のスタートをクリックします。左側にアプリの一覧が表示されますので、そこから「Microsoft Store」をクリックします。

ト

Microsoft Storeが開いたら右上に「検索」というタブがありますので、そちらからiTunesと検索をかけます。

ト

iTunesのロゴのアプリが表示されますので、そちらをクリックして「入手」をクリックします。
※下の写真はすでに入手済みなので、「入手とは表示されません」

ト

その後、PCにiTunesがダウンロードされていきますので、完了するまで待ちましょう。ダウンロード後、セットアップのポップアップが表示されますが、OKを選択するとPCにiTunesのドライバーがインストールされて使用できるようになります。

自動同期をoffにする

自動同期とはiTunesがiPhoneやiPadをPC上で読み込んだ際に自動で中身を同期させる設定のことを言います。通常はPC上でiTunesから曲をインストールしたあとにiPhoneやiPadに繋げると、繋げた側にそのインストールした曲などが追加されたりします。

しかし、場合によってはiPadなどのデータが一部消えてしまう可能性があるため、先にiTunes側で設定をoffにしておくと安全なのです。

ではその自動同期の設定についてご紹介しましょう。まず初めに先ほどインストールしたiTunesを開きます。

開いたら左上に「編集」というタブがあるのでそちらをクリックし、「環境設定」というタブをクリックします。

ト

環境設定をクリックしたら「デバイス」のタブをクリックします。

エクスプローラー

「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

エクスプローラー

この手順をした後であればiPadなどを接続してもデータが消えることはありませんので、ここまでの設定を事前にしておきましょう。
では準備が整ったところで、さっそくiPadからPCに写真を転送する方法についてご説明していきます。

iPadの写真をパソコンに転送する方法《iTunes》

ではここから実際にiTunesを使用してiPadの写真をPCに転送する方法についてご紹介していきます。

まず初めにお手持ちのPCとiPadをライトニング-USBケーブルで接続します。iPad側にて「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されますので「信頼」をタップします。

ト

パスコードを要求される場合がありますので、パスコードを設定している方は入力しましょう。

ト

iPad側にて上記の手順を終えたらPCにてiTunesを開きます。iTunesの画面が表示されると接続しているiPadを読み込み始めます。読み込みが終了したら左側のタブバーに「iPad」と表示されますので、表示されれば接続完了です。接続が完了したら左上にあるスマホのようなタブバーをクリックします。

ト

画面右下に、「同期」というタブがありますので、これをクリックします。

ト

あとはiPadとiTunesの同期が完了すればiTunes側に写真のデータが同期されます。

パソコン内の写真をiPadに転送する方法《iTunes》

では次にPC上にある写真をiPadにiTunesを使用して転送する方法についてご紹介していきます。

PC上にてiPadに転送する写真をフォルダに移しておきます。

ト

転送したい写真をフォルダに移動したらiTunesを起動させます。起動されたら左上のタブバーにスマホのようなタブ(デバイスメニュー)がありますのでそちらをクリックします。そうすると左側にメニューが表示されますので、「写真」のタブをクリックします。

ト

「写真を同期」にチェックを入れて、写真のコピー元の横のプルダウンから「フォルダを選択」を選びクリックします。

ト

エクスプローラーの画面が表示されますので、先ほど写真を入れたフォルダを選択します。そうすると下側に「フォルダの選択」というタブが表示されますので、そちらをクリックします。

ト

フォルダの選択をクリックすると転送用のフォルダが選択されて、iTunesのデバイスメニュー画面に戻ります。画面右下に「適用(写真の転送)」のタブをクリックするとiPadに写真が転送され始めます。

ト

これがiTunesを使用して写真を転送する方法です。次はiTunesを使用しない方法についておすすめのソフトをご紹介します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。