『かわいい』が生まれる場所。

「Google Play開発者サービス」によるバッテリーの異常消費を防ぐ!

「Google Play開発者サービス」によるバッテリーの異常消費を防ぐ!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

データを削除

キャッシュの削除だけでは電池の異常消費等の症状が改善されない場合はGoogle Play開発者サービスのデータを削除する方法もあります。この場合のデータとはGoogle Play開発者サービスの内部に保存されている個人情報などです。

つまり、削除をすれば不具合が改善する可能性はありますが、同時にGoogle関連のサービスの登録情報が消えてしまい、再ログインなどを行う必要があります。

くれぐれもGoogle Play開発者サービスのデータ削除を行うときはログイン用パスワードなどを控えた後、自己責任で行うようにしてください。手順は以下のとおりです。

  1. 「ホーム画面の設定」をタップ
  2. 「アプリ」をタップ
  3. 「アプリ」をタップ
  4. 「Google Play開発者サービス」をタップ

基本的には前項目「キャッシュの削除」と同じ手順です。違うのは「ストレージ」をタップした後。

容量を管理画面

上の画像にある「容量を管理」の部分をタップします。

データをすべて消去

すると「データをすべて消去」という項目があるので、タップすればデータの消去は完了です。後はキャッシュを削除したときと同様、電池の異常消費などが改善されたか時間をおいて確認してみてください。

アプリを最新版にアップデート

Google Play開発者サービスの不具合を改善するにはアプリ自体を最新版にアップデートする方法があります。基本的にはGoogle Play開発者サービスは自動で更新されるようになっているのですが、何らかの手違いで古いバーションのままになっている可能性も捨て切れません。

Google Play開発者サービスのバージョンが最新かどうかは以下の手順で確認します。

  1. 「ホーム画面の設定」をタップ
  2. 「アプリ」をタップ
  3. 「アプリ」をタップ
  4. 「Google Play開発者サービス」をタップ

例のごとく、ホーム画面の設定からアプリ一覧を表示し、Google Play開発者サービスの詳細画面まで表示させます。

アプリ詳細1

アプリ詳細2

すると、上の画像のように「アプリの詳細」という項目があるので、タップしてください。

アップデート画面

タップすると画像のようにGoogle Playストア内にあるGoogle Play開発者サービスのページへと飛びます。画像のように「無効化」という項目が表示されている場合は最新版なので、アップデートをする必要はありません。

もし「無効化」以外の項目が表示されていた場合はアップデートができるということなので、アップデートしてみましょう。Google Play開発者サービスの不具合が改善する可能性があります。

ダウングレード

これまで説明した方法で解決しない場合は最終的な手段としてGoogle Play開発者サービスをダウングレードする方法があります。ダウングレードとはいっても過去のバージョンなら好きなものを選べるのではなく、スマホ本体を購入した初期の状態に戻すというものです。

ただし、この方法は少し専門的であることと、ダウングレードによって別の不具合が出る可能性があるので、重要なデータはバックアップし、自己責任のうえで行ってください。

まず、事前の準備として、以下の手順を行います。

  1. 「ホーム画面の設定」をタップ
  2. 「ロック画面のセキュリティ(セキュリティという言葉が含まれた別名の場合も)」をタップ
  3. 「機器管理アプリ(端末管理アプリと表記されていることも)」をタップ

すると、「おまかせロック」「端末を探す」「遠隔初期化」といった項目にチェックが入っているので、すべてチェックを外しましょう。これで事前準備は完了です。

もし、この手順を省略すると正常にGoogle Play開発者サービスをダウングレードできない可能性があるので注意してください。

次は以下の手順を行います。

  1. 「ホーム画面の設定」をタップ
  2. 「アプリ」をタップ
  3. 「アプリ」をタップ
  4. 「Google Play開発者サービス」をタップ

キャッシュの消去やデータ削除で行った手順と同じですね。

ダウングレード

Google Play開発者サービスの詳細ページが表示されたら、画像のように右上のメニューボタンをタップしましょう。タップすると「アップデートのアンインストール(更新データの削除と表記されている場合も)」と出るので、それをさらにタップします。

「本当に削除しますか?」といったような警告文が表示されるので、「OK」をタップするとダウングレード完了です。いささか専門的な方法ですが、最終手段として試す価値はあります。

電池の異常消費がなくなればスマホが快適に使える

本記事ではAndroidのスマホの電池が異常消費される原因について解説しました。スマホのバッテリーがもたないと何かと不便なことがあります。もし、電池の消費量に違和感を覚えたらすぐに原因を探ってみましょう。

アプリの使いすぎやバッテリーに問題がなければ、原因は Google Play開発者サービスかもしれません。そんなときはぜひ本記事で解説した対処法を試してみてください。Google Play開発者サービスの不具合が改善されれば電池の異常消費が直る可能性が高まります。

ただし、必ずしもGoogle Play開発者サービスが原因とは限りません。どうしても改善しない場合はスマホの各メーカーや販売店のサポートに問い合わせてみてくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。