logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

Skypeでブロックする方法とブロックされた時の確認方法を紹介!

Skypeでブロックする方法とブロックされた時の確認方法を紹介!


インターネット上の無料通話アプリの先駆けとなったSkype(スカイプ)。ほかの無料通話アプリであるLINEやカカオトークと使い分けている人も多いでしょう。

しかし、なにかと便利なSkypeで困ってしまうときも。それは相手とトラブルになり、連絡先をブロックしたい。または相手に連絡先をブロックされたかもしれない…なんてときです。

誰かとトラブルを起こしてしまってもSkypeのブロック機能の仕様がわからずに放置したままという人もいるのではないでしょうか。

この記事ではSkypeで相手の連絡先をブロックする方法や、ブロックされた場合はどうなるかなどを解説します。

もし、Skypeでどうしても相手の連絡先をブロックせざるを得ないときや、ブロックされたかも…と不安なときには参考にしてみてください。


Skypeのブロック機能とは?

Skypeのブロック機能とは特定の相手からの連絡をこないようにする機能です。ブロックした相手からはチャットや通話はもちろん、ファイルの送信などが一切こなくなります。

厳密にはブロックされた相手からは連絡できますが、こちらにはまったく届かないといった仕組みです。携帯の着信拒否やLINEなどのようなアプリのブロック機能と同じ感覚ですね!

できればブロック機能を使わなくてもよい交流関係を持ちたいですが、インターネット上で活動している人などは難しいときもあります。

どうしても相手とトラブルになってしまいそうなときはブロック機能を使ってみましょう。

連絡先をブロックしてログインが非表示に

Skypeで相手をブロックすると、相手は連絡先一覧から消えて非表示になります。しかし、これは単純に非表示になっているだけなので、連絡先を完全に削除したわけではありません。

設定からブロックを解除すれば再び連絡先一覧に表示されます。もし、誤ってブロックしてしまっても戻せるので安心してください。

まったく連絡を取っていない連絡先を整理するときに一時的にブロックして非表示にするといった使い方もあります。

連絡先の管理としても便利なのがSkypeのブロック機能です。

連絡先をブロックしたら相手にわかる?

Skypeで相手の連絡先をブロックした場合、相手にブロックが行われた通知などは表示されません。そのため、基本的に相手からはブロックしたことはわからないままです。

ただし、相手からはメッセージを送ってもこちらからの返事がないなど、ブロックされている可能性を予想できるので、最終的にはブロックしているとバレてしまうかもしれません。

Skypeのみのつながりであればブロックするだけで相手との関係を断ち切れますが、身近にいる人の連絡先をブロックすれば後々にトラブルになるかもしれないので注意しましょう。

ブロックした相手にはアイコンの変更などが反映されない

Skypeで連絡先をブロックすると、こちらのアイコンやムードメッセージの変更など、プロフィール情報の更新が相手に反映されなくなります。

連絡先をブロックするほどの関係性の場合、アイコンやムードメッセージのささいな変化も知られたくないですよね。連絡先をブロックした場合、相手からはブロックする直前のプロフィールが表示され続けます。

しかし、頻繁にアイコンやムードメッセージを変更している人が急に何の変化もなくなると、相手にブロックされたかもしれないと不信感を抱かせてしまうでしょう。

ブロックしたことを悟られたくない人は気をつけてブロックする必要があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。