『かわいい』が生まれる場所。

TwitterのグループDMチャットとは?作り方や使い方も解説!

TwitterのグループDMチャットとは?作り方や使い方も解説!

Twitterで繋がっている複数人の友達とみんなで会う約束をする時、「○時に○○集合ね!」といった内容をタイムライン上に投稿するのは気が引けますよね。

待ち合わせの内容を誰からも見える状態にしてしまうと、個人情報の保護の観点からも不安です。かといって、個別にDMを送って予定をすり合わせるのも面倒……。

そんな時に便利なのが、TwitterのグループDMチャットです! 複数人と一気に会話できますし、会話内容はグループに参加している人にしか見えませんから安心ですね。

この記事では、TwitterのグループDMチャットの使い方についてご紹介します。これを使いこなせると、友達と連絡を取るのがグッと楽になりますよ!

TwitterのグループDMチャットとは?

まずは、TwitterのグループDMチャットがどんな機能なのかについてご紹介します。基本的にはグループLINEに近い機能ですが、いくつか異なる点もあるので注意が必要です。

グループDMチャットとは?

グループDMチャットは、2015年1月にTwitterに実装された機能です。グループでのチャットができるほか、画像や動画、さらにツイートを共有することもできます。

グループに参加している人以外に会話内容が見えることはないので、具体的な待ち合わせ日時の相談なども安心して行うことができますよ。

グループLINEでも同じようなことはできますが、Twitterでは趣味で繋がったフォロワーさんとやりとりする機会もありますよね。

本名を知らないような人とLINEでやりとりするのは少し抵抗がある人も、TwitterのグループDMチャットを使えば気軽に会話できます。オフ会の予定を立てたりするのにも役立ちます。

利用できる最低人数と最大人数

グループDMチャットは、最低3人から利用することが可能です。参加人数が2人であれば、通常のDMと同じになってしまいます。

グループに参加できる最大人数について、ネット上では20人とも50人とも言われていますが、実際の最大人数は50人です。

グループDMチャットの機能が実装されたばかりの頃は1つのグループに参加できる上限人数が20人でしたが、後に50人に増えました。

20人以上ともなれば、かなり大人数での打ち合わせに使うこともできそうですね。

鍵垢は参加できる?

親しい友達だけと繋がっているアカウントであれば、アカウントを非公開設定にしている場合も多いでしょう。そういった鍵垢でも、グループDMチャットには参加できます。

鍵垢 グループDMチャット

この通り、鍵垢からメッセージを送ることが可能ですし、鍵垢からのメッセージを読むことも可能です。

文字数の上限

普段のツイートでは140字までという制限があり、文章を削ったり複数回に分けて投稿したりといった工夫をしなければならないこともありますよね。

DMでは上限が一気に引き上げられて、10000字までのメッセージを送信することができます。なんと400字詰めの原稿用紙25枚分!

10000字を超える長いメッセージを送信することはまず無いでしょう。読む方も大変です。

グループDMチャットでは文字数の心配はほとんど不要と言えます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。