『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのバックアップ復元に時間がかかる…。対処法を徹底解説!

iPhoneのバックアップ復元に時間がかかる…。対処法を徹底解説!

Wi-Fi環境が不安定

iCloudバックアップにはWi-Fiが必須です。iCloudバックアップを行っている方はWi-Fi環境が不安定ではないか見直してみましょう!

フリーWi-Fiなど不特定多数の方が利用できる回線は不安定になりやすいので、できるだけバックアップでの使用は避けた方がいいでしょう。

【iPhone】バックアップの復元時間が長い原因

  1. iOSのバージョンが最新版ではない
  2. iOSのバージョンが最新版ではない
  3. iTunesのバージョンが最新版ではない
  4. バックアップデータが壊れている
  5. Wi-Fi環境が不安定

【iPhone】バックアップの復元時間が長いときの対処法《基本動作編》

続いて対処法ですが、まずは以下の手順を試してみてください、

iOSを最新版にアップデートする

まずiPhoneのiOSのバージョンが古い方はこちらのアップデートを行ってみるのがおすすめです。

以下の手順でアップデートが行えます。

「設定」を開きます。

設定

「一般」から「ソフトウェアアップデート」をタップしてください。

「一般」>「ソフトウェアアップデート」

「一般」>「ソフトウェアアップデート」

「今すぐインストール」or「ダウンロードしてインストール」をタップしましょう。

インストール

これで完了です。

バックアップの容量を減らす

バックアップは容量が多ければ多いほど時間がかかるので、データ量を減らしましょう。iPhoneのデータを整理するだけでもバックアップにかかる時間を短くできます。

iCloudバックアップの場合、容量は以下の手順で確認できます。データを整理してもバックアップの容量が大きい場合はこちらでも調整しましょう。

設定を開きます。

設定

「名前」をタップしましょう。

名前

「iCloud」から「ストレージを管理」をタップします。

iCloud

ストレージ

「バックアップ」から「このiPhone」と書かれたiPhoneをタップします。

バックアップ

このiPhone

バックアップするデータを選択から不要なアプリのバックアップをオフにして削除します。

オフにして削除

バックアップデータを作り直す

iOSのアップデートを実施しバックアップの容量を減らしてみても改善がない場合は、バックアップデータが破損している可能性があります。そんな時はもう一度バックアップを作り直してみましょう!

iTunesでバックアップを作成していた方はiCloudで、iCloudでバックアップを作成していた方はiTunesで作成し直してみるのがおすすめです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。