『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのバックアップ復元に時間がかかる…。対処法を徹底解説!

iPhoneのバックアップ復元に時間がかかる…。対処法を徹底解説!

【iPhone】バックアップの復元時間が長いときの対処法《iTunes編》

バックアップは、iTunesかiCloudかによって対処法が異なります。まずはiTunesバップアップの場合の手順をご紹介しますね。

iPhoneとバックアップのバージョンを揃える

バックアップの作成はスムーズだったのに復元に時間がかかるという方は、復元先のiOSのバージョンがバックアップと合っていないのかもしれません。

iPhoneは工場で作られた時期のバージョンで出荷されるため、今まで使っていたiPhoneよりもバージョンが古いことがあるのです。

新しいiPhoneをデータを戻さずに初期設定(新しいiPhoneとして設定)し、一度アップデートを試してみましょう!

iTunesのバージョンを最新版にする

iTunesのバージョンが古いとバックアップを認識できなくなることがあります。以下の手順で、アップデートをしておきましょう!※MicrosoftStoreからのダウンロードの場合は自動的にアップデートされるため手動アップデートは基本的には不要です。

インターネットからダウンロードしたiTunesの場合

メニューバーから「ヘルプ」をクリックします。

ヘルプ

「更新プログラムを確認」をクリックしましょう。

更新プログラムを確認

もし最新の通知があるならアップデートしておきましょう。

MicrosoftStoreからダウンロードしたiTunesの場合

タスクバーで 「Microsoft Store」のアイコンクリックします。

MicrosoftStore

もっと見る「…」をクリックします。

もっと見る

「ダウンロードと更新」をクリックしてください。

ダウンロードと更新

「最新情報を取得する」をクリックしましょう。

最新情報を取得

最新の通知があれば、アップデートしてください。

他のPCで試してみる

ここまで実施しても改善がない場合は、PC側の問題である可能性が考えられます。他にもPCをお持ちの方は別のPCで試してみるのもおすすめです。

ケーブルを新しいものに変えてみる

なかなか見落としがちなのがケーブルです。近年は百円均一などでもiPhoneの充電ケーブルが売っていたりしますが、充電はできてもデータのやりとりをするには不十分なものが多くあります。

なんとかバックアップが作成できても、破損したバックアップとなってしまう可能性もあるんです。できるだけ確実にデータのやりとりを行うためには、純正ケーブルを使用しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。