logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】iTunesを同期できない?原因と対処法を解説!

【iPhone】iTunesを同期できない?原因と対処法を解説!

iPhoneをお使いの方の中には、iPhoneを携帯電話としてのみではなく、ミュージックプレイヤーとしても使用している、という方も少なく無いと思います。iPhoneに音楽を入れるために必要になるのがiTunesですよね。

ミュージックをiTunesで同期されている方は、同期がうまく行かなかったなんて経験はありませんか?なかなかうまく行かないと困ってしまいますよね。

そこで今回は、同期がうまく行かない時の原因と対処法をご紹介させていただきます!


iTunesが同期できない原因と対処法【iPhone編】

iTunesの同期ができない時は、まずiPhone側で以下の点を見直してみましょう。

iPhoneの容量不足

iPhoneに音楽などを同期するための十分な空き容量が無い場合があります。以下の手順で、空き容量を確認しましょう。

「設定」を開きます。

設置

「一般」をタップします。

一般

「iPhoneストレージ」をタップすれば確認できます。

iPhoneストレージ

ストレージ確認

最新iOSにアップデートされていない

iPhoneのiOS(ソフトウェア)が古い状態だとPCに接続されたことを正しく認識できない可能性があります。

iOSのバージョンが古い方は、以下の手順でアップデートを実施してみましょう。

「設定」を開きます。

設定

「一般」をタップします。

一般

「ソフトウェア・アップデート」をタップしましょう。

ソフトウェアアップデート

「ダウンロードしてインストール」または「今すぐインストール」を開きます。

インストール

「ライブラリを同期」をOFFにする

ライブラリを同期(バージョンが古い場合はiCloudミュージックライブラリ)がオンになっているとiTunesでの同期ができません。

Apple Musicを使っていないならオフにして問題ありませんよ。手順は以下のとおりです。

「設定」を開きます。

設定

「ミュージック」を開いてください。

設定>ミュージック

「ライブラリを同期」(iCloudミュージックライブラリ)をオフにします。

ライブラリを同期

PCを信頼を許可していない

PCへのアクセスを許可しない限りiPhoneとPCのデータのやりとりはできないようになっています。接続した際に以下の手順で許可できるので、こちらも試してみてください。

PCへ接続し出てきたポップアップで「信頼」をタップします。

信頼

iPhoneでパスコードを入力してください。

パスコード入力

POINT

  1. iPhoneの容量不足
  2. 最新iOSにアップデートされていない
  3. 「ライブラリを同期」をOFFにする
  4. PCを信頼を許可していない

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。