『かわいい』が生まれる場所。

無料版Zoom(ズーム)の使い方を徹底解説!有料版との違いは?

無料版Zoom(ズーム)の使い方を徹底解説!有料版との違いは?

無料で出来るZoom(ズーム)の使い方《ホスト編》

最後に、ミーティングの主催者である「ホスト」のユーザーだけが使える機能の使い方をご紹介していきます。

参加者の入場制限

ホスト権限者は入場制限をかけて、対象ではないユーザーの参加を拒否できます。

参加者の入場を制限する場合は、「待機室」の設定をオンにしておきましょう。そうすれば、ホストが許可するまでミーティングに参加できません。

なお、ホスト側では一人ひとりユーザーの参加を許可するか、一括で参加を許可するか選択することが可能です。

操作手順

  1. ブラウザでZoomにログインしたら、「設定」をクリック。
  2. 設定画面を開いたら、「ミーティング」のタブを選択している状態で、「ミーティングにて(詳細)」をクリック。
  3. 「待機室」を有効にする。

参加者のミュート

ホスト側では、参加者の音声をミュートにして快適なミーティングを実現できます。ミュート設定は、以下の手順です。

<操作手順>
ミーティング画面の下部メニューにある、「参加者」を選択。

「参加者」をクリック

すると参加者の一覧画面が表示されるので、画面下の「すべてミュート」をクリックしましょう。

「すべてミュート」をクリック

「すべての参加者と新規参加者はミュートされます」と表示されたら、「はい」をクリックして下さい。

「はい」をクリック

これで設定は完了です。

ポインターの表示

Zoomで共有した画面にポインターを表示すれば、参加者全員の注意をそこに向けることができます。

ポインターを表示する場合は、以下の手順で操作を進めて下さい。

<操作手順>
画面を共有すると、画面上部にメニューが表示されるので、その中にある「コメントを付ける」をクリックします。

「コメントを付ける」をクリック

新しく表示されたメニューの中から、「スポットライト」を選択しましょう。

「スポットライト」を選択

「スポットライト」か「矢印」を選択すれば、ポインターが共有画面に表示されます。

スポットライトビデオで固定

「スポットライトビデオ」とは、先ほどご紹介した「ビデオの固定」と同じような機能で、特定のユーザーの画面を大きく表示させることができます。

「ビデオの固定」とは違って、3人以上が参加するミーティングの場合であり、なおかつ設定できるのは主催者のみ。

また、スポットライトビデオは参加している全員の画面に適用されるため、より影響力の強い機能となっています。

スポットライトビデオを有効にする場合は、以下の手順で操作を進めて下さい。

操作手順

  1. ビデオを固定したいユーザーにカーソルを合わせたら、画面右上の「…」アイコンをクリック。
  2. メニューの中から、「スポットライトビデオ」を選択。

これで、この機能を適用したユーザーの画面が大きく表示されるようになります。

なお、この機能を有効にすると「ビデオの固定」がメニューから消えるので、その間は他のユーザーの画面を固定できなくなります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。