『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneで撮った写真が変な拡張子.heicになってる!PCで見れない!って人のために解決方法をまとめました。

iPhoneで撮った写真が変な拡張子.heicになってる!PCで見れない!って人のために解決方法をまとめました。

iPhoneで撮った写真をPCに移動したら謎の拡張子「.heic」になって見られない!という経験をした人も多いと思います。

そんな.heicについて調べたので、解決方法を記事にまとめてみました!

この記事のPOINT

  • 『.heic』はウイルスではなく、iPhone独自の拡張子。
  • JPGの約半分のサイズで保存できる
  • PCでは表示されないので、拡張子の変更・本体の設定変更が必要

.heicってなにこれ!?ウイルス?

ウイルスじゃありませんよ!

HEIC(heic)はiOS11以降に実装された新しい拡張子です。よく画像に使用されている拡張子JPGの約半分の容量で高画質な画像を保存出来ます。

ただし……iOS11に対応した端末じゃないと見れません!!

iPhoneで撮った写真をパソコンで見ようとすると、

iPhone写真の拡張子「.heic」の画像をWindowsのPCで見た場合
こんなファイルが表示されることがあります。突然見たこともない「HEICファイル」なんてあったら怖いですよね……

iPhone写真の拡張子「.heic」の画像をWindowsのPCで見た場合

サムネイルに画像が表示されないし!(1番左の画像)
開いてみても……

iPhone写真の拡張子「.heic」の画像をWindowsのPCで見た場合

こういう表示がされて閲覧出来ません!!

でも大丈夫です!ウイルスじゃないんですよ、これ。
見慣れないファイルは触らないのが一番いいですが、このHEICに関しては大丈夫です!

HEICじゃなくてJPGで写真を撮る方法

iPhoneはiOS10まで標準カメラアプリで写真を撮るとJPG形式で保存されていましたが、iOS11以降はHEIC形式を導入しました。

でも大丈夫です!すでにHEICで保存されている画像はそのままですが……iPhoneで写真をJPG形式で保存するようにできます!

iPhone写真の拡張子「.heic」で保存される設定をJPGに変更する方法

設定アプリから「カメラ」を選択します。

iPhone写真の拡張子「.heic」で保存される設定をJPGに変更する方法

次に「フォーマット」を選択。

iPhone写真の拡張子「.heic」で保存される設定をJPGに変更する方法

そして「互換性優先」を選択しましょう!

これで撮った写真がJPGで保存されて、PCで見れない!なんてことにはならなくなります!

ここで「高効率」を選択すると撮った写真が.heicになってしまうので気をつけましょう!

.heicの画像をJPGでPCに移動させる方法

こちらは設定アプリから「写真」を選んでください。

「.heic」の画像をJPGでPCに移動させる方法

一番下まで行くと、「MACまたはPCに転送」という欄に「自動」と「元のフォーマットのまま」があります。

ここで「自動」を選択すると、画像や動画のファイルを互換性のある形式で転送することができます!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。