『かわいい』が生まれる場所。

iPad(アイパッド)を再起動する方法。勝手に再起動する際の対処法も解説!

iPad(アイパッド)を再起動する方法。勝手に再起動する際の対処法も解説!

iPadを普段使っていて再起動をする機会なんてあまりありませんよね。ただしiPadは時には勝手に再起動したり画面が全く反応しなくなったりと困った現象が起きる時があります。他にもスマホやタブレットにて時折起こる不具合の対処法として再起動することがあります。

不具合を直すときに再起動する分には問題ありませんが、急に勝手に再起動したりするのはいささか不便に感じることがあります。

また、iPadには普通の再起動とは別に強制再起動というものがあり、これは通常の再起動とは違う手段でiPadを再起動させる方法があります。

本記事ではiPadの通常の再起動から強制再起動のやり方、他にもなぜ勝手に再起動してしまうのかなどについてご紹介していきます。

iPadを普通に再起動する方法

まず始めにご紹介するのは、みなさまも一度は試したことがある通常の再起動方法をご説明します。iPadにはホームボタンがあるものとないものがあり機種によって変わるのでそれぞれの方法をご説明していきます。

ある程度の不具合は普通の再起動で直ることが多いので、まず不具合が起きたら以下の方法を試してみてください。

ホームボタンがある端末

ホームボタンがあるものは本体フレームの右上(iPadが縦向きの状態時)に電源ボタンがありますので、そちらを長押しします。

電源ボタン長押し

画面上にでる「スライドで電源オフ」を操作すると電源が落ちます。画面はすぐにブラックアウトしますが、電源が落ちるまでに大体30秒前後かかりますので待ちましょう。

スライドオフ

電源が落ちたのを確認したら、再び電源ボタンを長押しします。画面にAppleのロゴがでるまで押し続ければ再起動完了です。

ホームボタンがない端末

ホームボタンがなくFace IDのiPadは本体フレームの右上にある電源ボタンと音量ボタンのどちらか一方を同時に長押しします。

ホームボタンなしiPad

「スライドで電源オフ」が画面にでたらボタンを離し、右スライドして電源をオフにします。こちらも同じように電源が落ちるまでに30秒ほどかかります。

電源が落ちたのを確認したら、再び電源ボタンを長押しします。Appleのロゴがでるまで押し続ければ再起動完了です。

ここまでの再起動方法は多くの方が知っているかもしれませんが、iPadの不具合やアプリで何かトラブルが発生した時にはこのやり方である程度解決できることが多いです。

ではiPadの強制再起動とは一体どんなタイミングで使用するのでしょうか?次の項目では強制再起動するタイミングについてご紹介します。

iPadの強制再起動!どんなタイミングでする?

スライドオフ

本来であれば先ほどご説明した再起動方法で不具合を解決することが多いですが、稀に上記のやり方でも不具合が解消されない場合があります。iOS端末はいざという時にこの強制再起動があり、いわば自分でできる最終手段になります。

従来のやり方と強制再起動の使い分けを覚えておき、突然起きる不具合にも焦らず対処できるようにしておきましょう。対処法を知らずになんでもかんでも修理にだしてしまうとそれだけで出費がかさんでしまいますよね。

ここでは強制再起動とは、どのようなタイミングで行うのがベストなのかを見ていきます。

強制再起動とは?

今までの再起動とは違いiPad自体が動かなくなっても再起動するコマンドがあり、これを強制再起動と言います。普段中々使う場面がなく意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

最初にご説明した再起動方法が試せない、もしくは試したけど不具合が解消できない時に使用します。主にこれを使うタイミングは以下の時になります。

  1. iPadがフリーズした
  2. 操作が重い・ホームボタンが反応しない
  3. 画面がずっとブラックアウトしている

今挙げた例たちがそれぞれのどのような不具合なのか、そして強制再起動の必要性を確認しましょう。ただし、強制再起動はあくまで最終手段であり、端末に何らかの負荷がかかりますので、普通の再起動ができる状況であれば先にそちらを試してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。