『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone・Android】設定は簡単。SMSで画像を添付して送信する方法!

【iPhone・Android】設定は簡単。SMSで画像を添付して送信する方法!

LINEやメールで画像を送れるのはみなさまもご存じかと思いますが、実はSMSでも画像を送ることができるんです。

キャリアのSMSでは画像を添付して送ることができず、テキストメッセージのみでしたがアプリや設定を変更すれば画像も送ることができます。

SMSで画像が送れるようになれば、LINEのIDやメールアドレスを交換していなくても電話番号だけでやり取りができるので、色々なシーンで重宝しますよ。

この記事では、意外と知っておくと便利なSMSでの画像を添付してメッセージを送る方法iPhone版とAndroid版それぞれご紹介していきます。

【iPhone/Android】SMSで画像を添付して送信するには?

メール

始めにSMSで画像を添付して送る方法を見ていく前に、画像を送る際に注意しておくべきことを3つご紹介します。

例えば、画像と言っても、データサイズはまちまちであり大きいものから小さいものまであります。

サイズが小さい分には問題ありませんが、容量が大きくなるに連れて添付できる枚数が変わったりSMSを送信するにも時間がかかるため注意が必要です。

また、キャリアのSMSとそれ以外のSMSについてもご紹介していきます。

キャリアのSMSとそれ以外のSMS

キャリアのSMSは「SoftBank/docomo/au」それぞれ専用のSMSがあります。このキャリア専用のSMSは、電話番号を使用してテキストメッセージを送ることができますが、画像を添付する機能がありません。

SMSは本来短い文でやり取りをするだけの機能なので、画像の添付をする機能がなく、文字数にも制限があります。

したがって、SMSで画像を添付して送信するには、iPhoneでは「MMS」か「iMessage」を使用するか別のアプリを使用、Androidでは「Androidメッセージ」や別のアプリを使用して画像を送ることが必要です。

また、MMSではSMSと同じ電話番号を使用してメッセージを送ることができますが、アドレス設定を行えば画像なども送れるようになります。

画像のサイズに制限はある?

では次に画像のサイズ制限ですが、これは使用するアプリやメッセージの形態によって変わってきます。例えばSMSアプリの中で最近3キャリアともに標準搭載となった「+メッセージ」というアプリでは、1MBまで画像を添付することができます。

その他にiPhoneの「MMS」では2MB(機種によっては300KB)、「Androidメッセージ」は1MBまでとなっています。

このように画像を添付させるアプリケーションによって添付サイズ容量が異なります。

画像の送信に料金はかかる?

SMSやMMSなどを利用して画像を送る際に料金がかかるのかそうでないのかは気になるポイントですよね。キャリアのSMSでは画像が送れませんが電話番号の回線を利用しているため、送信時にいくらか料金が発生しています。

また、SMSアプリやMMSもデータ通信量がかかりますが近年ではほとんどの人がパケット定額に入っているはずですので、新たに別で料金がかかるわけではありません。LINEやメールと同様にパケット定額で収まりますので安心して使用することができます。

ではここからは実際にSMSを使用した画像の添付方法をiPhoneとAndroid両方のやり方をご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。