『かわいい』が生まれる場所。

Facebookに足跡機能はあるのか|投稿の閲覧や検索は相手にバレる?

Facebookに足跡機能はあるのか|投稿の閲覧や検索は相手にバレる?

「知り合いかも」に足跡は関係ない

一番有力な線は、足跡機能はないとはいっても、実は頻繁に見に行く人のことが「知り合いかも」と出てきているのではないかということです。

というのも、最近のWeb広告ではこのような機能があり、一度検索した単語が、関係ないページを見ていても表示されることがあるからです。

しかし、実は足跡と『知り合いかも』は全く関係がありません

Facebook公式のヘルプセンターに「知り合いかも」に表示される時の条件が記載されているので、次の章で改めて確認してみましょう。

『知り合いかも』に表示される基準

『知り合いかも』に表示される場合のルールは以下の通りです。

  • 共通の友達から表示されている(友達の友達ということ)
  • 共通のグループにいたり、タグ付けしている・されている
  • 学校や出身地、職務経歴が重なっている
  • 連携した電話帳データに登録されていた人

この基準を見ても分かる通り、『知り合いかも』に出てくる人はFacebook上で既に何らかの繋がりがあった人です。

友達の友達だったり、同じコミュニティに属していたり、スマホの電話帳に登録されている人だったりと、様々な原因が考えられます。

一番可能性が高いのが、Facebookを始めた時に連絡先を同期してしまったケースです。

スマホの中に登録されている友達や知り合いなどがFacebookに連携されてしまっているため、意外な知り合いが表示されたという訳です。

あとは、Facebookに自分の出身校や今までの仕事などを詳細に記載していると共通項が認識され、知り合いなのではないか?と思われるのです。

当初のFacebookは、昔の友人とも再会できるメリットがあったため、人によっては良い機能だともいえるでしょう。

ネット上で知っている人の名前が突然登場すると焦ってしまいますが、調べてみると、表示されるのにはきちんとした理由があったのです。

名前を検索すると相手にバレる?

『知り合いかも』のルールに、よく検索する人や今まで探したことのある人という項目はありません

したがって、フォロワーの名前を検索したからといって『知り合いかも』に出てくることはありません。

もし、検索した人が知り合いにされている!という時は、前の章で紹介したようなつながりが既にあったためということです。

『知り合いかも』に表示されたくない!対処方法は?

繋がりがどこかである人とはいえ、自分がFacebookをやっていることを隠したい時もあるでしょう。

例えば、学校や職場の知り合いには見せたくないけど、地元の友達とはFacebookで交流したい!という場合です。

『知り合いかも』に表示させない方法はあります

それは、Facebookの設定画面からプライバシーの設定を変更すれば対処できます。

設定画面へ行くには、アプリ右上のメニューから進みます。

PCも同様です。

【アプリの場合】

アプリの設定画面へ行く手順

【PCの場合】

PCの設定画面へ行く手順

移動できましたら、設定項目の内「プライバシー設定」を開きます。

プライバシー設定

では、それぞれの設定について順番に解説していきます。

スマホアプリでの操作方法を説明しますが、PCの場合も同じ名前の設定項目なのでPCで利用している人も参考にしてください。

『友達リクエスト』の制限

まず、『自分に友達リクエストを送信できる人』の設定をします。

友達リクエスト

ここでは友達リクエストを送れる人の範囲を設定できます。

  • 全員
  • 友達の友達

の2つから選べるので、もし『全員』になっている場合は『友達の友達』までに制限しておきましょう。

 

『私を検索できる人』の制限

Facebook上の検索画面から検索できる人を制限します。

  • メールアドレス
  • 電話番号

それぞれに対して設定可能です。

検索範囲を指定

検索できる範囲は、

  • 全員
  • 友達の友達
  • 友達
  • 自分のみ

から選択できます。設定はすぐに変更できるので、普段は『自分のみ』にしておき、友達を追加したい時に設定変更するのが最もセキュリティの高い方法です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。