『かわいい』が生まれる場所。

お花を可愛く写真に収める撮り方を伝授!意外なテクニックでさらにお洒落な一枚に♡

お花を可愛く写真に収める撮り方を伝授!意外なテクニックでさらにお洒落な一枚に♡

皆さんこんにちは!tanpeです!

今回はお花のオシャレな撮り方についてです!

日常的にお花を飾るのはなかなか困難。

でもその分、買ったときや貰ったときは気分がアガりますよね♪

だからこそ、綺麗なお花は写真に残しておきたいものです。

そこで!誰でも真似できる、ちょっとした写真のコツをご紹介していきます!

Bloomee LIFEで【#お花のある生活】はいかが?毎月かわいいお花が届くサービス♡

加工ナシこそ可愛く撮れる!

ト

ズバリ!お花を撮るときは加工カメラを使わない方が映えます!

というのも、お花自体の色味がはっきりしているので、iPhoneに内蔵されているカメラで撮る方が綺麗に撮れるんです!

もし加工をしたい場合は、あとからInstagramで調整する程度にすることをおススメします♪

お花の大きさに注目した撮影の極意!

写真を撮る際に注意するべきポイントなのが対象となるお花の大きさです。

実際に例を用いながらご説明していきます!

たくさんのお花を撮影する場合

こちらはお花屋さんの写真です!

このようにたくさんお花が並んでいる場合は、壁やインテリアなど背景も一緒に写る構図を意識すると、陳列されたお花がより可愛らしく写るんです♡

画面いっぱいにお花を写すのではなく余白を残すことで、窮屈な印象にしないことがポイントです!

POINT

  • 店内の撮影をしたり、それをネット上にアップしたい時は、お店の人に許可を取りましょう!

花束を撮影する場合

ト

続いて花束の写真です!

大きなサイズの花束だったのですが、全体を捉えるのではなく一部分だけを写すことで、お花がクローズアップされ、美しさを際立たせてくれます。

フラッシュをたくことで、包み紙とのコントラストも生まれて、鮮やかな印象に♡

ト

また花束の装飾が綺麗な場合は、このようにリボンや包み紙がしっかりと写るアングルから撮ると、お花の可愛さをさらに引き立ててくれます♪

POINT

  • いろいろな角度から撮ってみる!

花束の場合、いろいろな種類のお花が盛り込まれているので、いろいろな角度から撮ってみることをおススメします!

思わぬ角度から撮ってみたら意外と良い出来栄え…!なんてこともよくありますよ♪

一輪の場合

ト

一輪には一輪の良さがありますよね!花束とは違って、お花一点に目線がいくので、比較的簡単に撮ることができます!

枝からお花にかけての全体を写真に入れても、お花の部分だけ撮っても可愛らしく撮れますよ♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。