『かわいい』が生まれる場所。

Twitterの通知が消えない原因!バッジの消し方をすべて解説!

Twitterの通知が消えない原因!バッジの消し方をすべて解説!

通知の表示を一時的にオフにする

上記の方法だと、不要な通知が表示される回数は減りますが、通知自体をオフにすることはできません。

通知を一時的にオフにしたい場合は、以下の手順で操作をして設定を変更しましょう。

iPhoneの場合

  1. 「設定」を開いたら、「通知」をタップ
  2. 「Twitter」をタップ
  3. 「通知を許可」が有効になっていたら、右横のトグルスイッチをタップして無効にする
Androidの場合

  1. 「設定」を開いたら、「アプリと通知」をタップ
  2. 「〇個のアプリをすべて表示」をタップ
  3. 「Twitter」をタップ
  4. 「通知」をタップ
  5. 「通知を表示」が有効になっていたら、右横のトグルスイッチをタップして無効にする

再度通知をオンに切り替える場合は、トグルスイッチをタップするだけでOKです。

Twitterのバッジが消えない時は通知やDMの見落としがないか確認しよう!

Twitterの通知やバッジが消えない時は、まずサブアカウントも含めて通知やDMの見落としがないか確認してみましょう。

メインアカウントの通知は全て確認済みでも、サブアカウントの通知を見落としている可能性は十分にあります。

また、スパムアカウントから送信されたDMはアプリだと表示されない場合があるので、普段アプリを利用している方はブラウザ版も一度確認してみましょう。

それでも消えない場合は、アプリや端末の再起動、最新版へのアップデートを行ってみて下さい。

もし、ここでご紹介した対処法を試しても消えないなら、Twitterにバグが生じている可能性が高いので、Twitterのヘルプセンターに一度問い合わせてみると良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。