『かわいい』が生まれる場所。

iCloudにログインできない原因は何?パスワードやIDを調べる方法も!

iCloudにログインできない原因は何?パスワードやIDを調べる方法も!

写真や動画、書類などのファイルをネット上にアップロードして保存できる「iCloud」。

AppleユーザーでiCloudを利用されている方も多いのではないでしょうか?

ただ、iCloudを利用していると、突然ログインできないトラブルが発生することもあります。

そこで今回は、iCloudがログインできない原因とその対処法をまとめてみました!

iCloudにログインできなくてお困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。

iCloudにログインできない原因とは?

iCloudにログインできないのは、主に2つの原因があります。

  • パスワードやApple IDが違う
  • 古いApple IDからログアウトしていない

では、iCloudにログインできない原因を詳しくチェックしていきましょう。

パスワードやApple IDが違う

iCloudにログインできないのは、ログイン画面で入力したパスワードやApple IDが間違っているからかもしれません。

iCloudに限らず、ログインが必要なサービスでは、正しいパスワードとIDを入力しないとログインできないですよね。

そのため、パスワードとApple IDが正しく入力されているか確認してみて下さい。

もしかすると、キーボードの「CapsLock」キーがオンになっていて、小文字で入力しているつもりが大文字で入力されていたり、タイプミスで一文字抜け落ちてしまっている可能性があります。

古いApple IDからログアウトしていない

古いApple IDからログアウトする前にApple IDを変更してしまったのも、iCloudにログインできない原因のひとつ。

なぜなら、一度Apple IDからログアウトしておかないと、Apple IDを変更した後なのに、iPhoneには変更前のApple IDの情報が残ってしまうからです。

ですが、サーバー上では既に新しいApple IDに更新されてしまっているので、パスワードを入力してもApple IDとパスワードの整合性が取れず、これが原因でiCloudにログインできないのです。

iCloudにログインできない!よくあるケース

iCloudにログインできない問題に直面しやすいケースとしては、「機種変更時」と「Apple ID変更時」の2つのケースが挙げられます。

では、「機種変更時」と「Apple ID変更時」には、なぜiCloudにログインできない問題が発生しやすいのでしょうか?

機種変更時

iCloudにログインできない問題に直面しやすいのが、今まで使っていたiPhoneから新しいiPhoneへ機種変更した時です。

機種変更をする前には、今まで使っていたiPhoneのデータを新しいiPhoneへ引き継ぐためにバックアップを取りますよね?

ですが、古いApple IDでiCloudにログインしたままバックアップを取ってしまうと、新しいiPhoneで復元した時、古いApple IDでiCloudにログインしている状態で復元されてしまうのです。

その結果、Apple IDへのログインを求められた時、古いApple IDが表示されてしまい、新しいパスワードを入力してもログインできないわけです。

そのため、機種変更前にバックアップをとる時には、必ずiCloudからログアウトした状態で行うようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。