『かわいい』が生まれる場所。

キーボードアプリ・Gboardとは?便利な使い方を画像付きで紹介!

キーボードアプリ・Gboardとは?便利な使い方を画像付きで紹介!

グライド入力

皆さんは、「グライド入力」を知っていますか?

キーボードを指でなぞるようにして、スムーズに入力できる便利な方法なのですが、Gboardでもグライド入力ができるんです!

残念ながら、日本語のキーボードには、グライド入力の機能が搭載されていません。ですが、グライド入力は、英語などの言語を入力する際に使える便利な機能ですので、ぜひチェックしてみましょう!

まず、Gboardのアプリを開きましょう。

続けて、「グライド入力」(iOS版では、「キーボードの設定」)を選択します。

Gboardグライド入力設定

「グライド入力を有効化」(iOS版では、「グライド入力」)をONにすればOK!

Gboardグライド入力を有効化

以下のようなグライド入力をマスターすれば、外国語の入力がとっても楽になりますよ!

Gboardグライド入力サンプル

単語リストの登録

Gboardには、自分で「単語」と「読み方」を登録できる機能もあります。

自動で変換されないワードでも、単語リストに事前登録すれば、すぐに変換できるようになるんです。

それでは、単語リストへの登録方法を見ていきましょう!

【iOS版】単語リストの登録

iOS端末を持っている人は、以下のように端末本体で設定を行います。

  1. 端末本体の設定画面を開く。
  2. 「一般」の中にある「キーボード」を選択する。
  3. 「ユーザ辞書」を選択する。
  4. 画面右上にある「+」マークを押す。
  5. 自分で設定したい「単語」と「読み方」を入力する。
  6. 画面右上にある「保存」を押す。

【Android版】単語リストの登録

Android版のGboardでの単語リストの登録方法は以下のとおりです。

Gboardのアプリを開き、「単語リスト」を選択します。

Gboard単語リスト設定

「単語リスト」を押してください。

Gboard単語リスト設定2

単語リストを登録する言語を選びます。

Gboard単語リスト登録言語選択

画面右上にある「+」マークを押しましょう。

Gboard単語リスト追加

自分で設定したい「単語」と「読み方」を入力し、画面左上にある「←」を押してみてください。

Gboard単語リスト入力

先ほど登録した単語がリストに登録されているのがわかりますね!

Gboard単語リスト一覧

Gboardの便利な使い方とは?《Android限定機能》

ここまで、Gboardの機能をたくさんご紹介してきました。

実は、Gboardには、Android限定の便利な機能があるんです。Android端末をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

クリップボード機能

クリップボード機能とは、今までにコピーしたことがあるテキストの自動保存や貼り付けができる機能です、

クリップボード機能の使い方は、とってもカンタン!

まず、Gboardの「クリップボード」マークを押します。

Gboardクリップボードマーク

「クリップボードをオンにする」を押せば、準備完了です!

Gboardクリップボードをオン

クリップボードでは、コピーしたテキストを1時間表示させることができます。

もっと長い間クリップボードに表示したい!という人も安心してください!

クリップボードのテキストを長押しし、以下のように「ピン」マークを押せば、1時間以上経ってもテキストを固定しておくことができますよ。

Gboardクリップボードピンマーク

Gboardクリップボードに固定

手書き入力

Android版のGboardには、手書き入力の機能もあります。

紙のテキストに調べたい漢字が書いてあるけど、読み方がわからない…といった場合に、とても役に立ちます!

以下の手順で、手書き入力機能を使えるようにしてみましょう!

まず、Gboardのアプリを開きます。続いて、「言語」を選択してください。

Gboard言語

手書き入力機能を使いたい言語を選択します。

Gboard手書き入力機能を使いたい言語を選択

「手書き」をチェックし、「完了」を押せば設定完了!

Gboard手書き入力設定完了

Gboardにある「地球マーク」のキーを長押しして、キーボードの種類を「手書き」に切り替えてみましょう!

※キーボードの種類は、「地球マーク」のキーを何度か押して変更することもできます。

Gboard「地球マーク」のキーを長押し

これで、手書き入力ができるようになりました。

Gboard 手書き入力サンプル

フローティング機能

Android版のGboardには、キーボードのサイズや配置場所を変更できる「フローティング機能」があります。
以下の手順で、実際にフローティング機能を使ってみましょう!

Gboardにある「…」マークを押します。

Gboard 「…」マーク

「フローティング」を選択します。

Gboard 「フローティング」を選択

赤枠で囲んだ部分をドラッグすれば、キーボードを自由自在に動かすことができますよ!

サイズを変更したい場合は、キーボードの四隅をドラッグして調節してみてください。

Gboard 「フローティング」サンプル

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。