『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone・iPad・PC】iCloudに写真や動画をアップロードする方法!

【iPhone・iPad・PC】iCloudに写真や動画をアップロードする方法!

皆さんはiPhoneで撮った写真をどのように管理していますか?

近年様々なクラウドサービスが普及し、そういったものを使用している方も少なくないかと思います。

AppleにはiCloudというサービスがあり、少量であれば無料で写真を管理できるんです。

さらにiPhone自体の容量の削減も可能なんです。

そこで今回は、iCloudを使って写真を管理する方法を紹介していきます!

【iPhone・iPad】iCloudに写真や動画をアップロードする方法

iPhone/iPadからiCloudに写真や動画をアップロードするには、以下の手順になります。

  1. AppleIDでサインインする
  2. 「iCloud写真」をオンにする
  3. 「iPhoneのストレージを最適化」を選択

1つずつ解説しますね。

AppleIDでサインイン

iCloudに写真をアップロードするためには、iCloudにサインインする必要があります。Apple IDやパスワードを確認の上、以下の手順でログインを試してみてください!

『iCloud写真』をオンにする

続いて『iCloud写真』をオンにします。

この『iCloud写真』をオンにすることで写真がアップロードされるようになるんです!

手順は以下の通りです

これでiCloudに画像や動画が保存できるようになりました。

『iPhoneのストレージを最適化』を選択

iCloudに写真をアップロードすると、iPhoneの容量を削減できるんです。それが『iPhoneのストレージを最適化』の機能になります。

以下の手順で設定してみてください。

これでOKです!

注意!『オリジナルをダウンロード』はストレージ容量を圧迫!

『iPhoneのストレージを最適化』と『オリジナルをダウンロード』の違いが気になった方も多いのではないでしょうか。

この二つの違いは簡単に言うと、iPhoneの容量を削減するかどうかという点です。

オリジナルをダウンロードはその名の通り、iCloudにある写真をそのままオリジナルのサイズでダウンロードしてしまうんです。

iPhoneのストレージを最適化にしておけば、オリジナルのサイズのデータはiCloudに置いたまま、iPhoneにはサイズを小さくしたコピーを置いておいてくれるということになります。

iPhoneの容量を削減したい方は、iPhoneのストレージを最適化にしておきましょう。

【iPhone/iPad】iCloudに写真や動画をアップロードする方法

  1. AppleIDでサインイン
  2. 「iCloud写真」をオンにする
  3. 「iPhoneのストレージを最適化」を選択

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。