『かわいい』が生まれる場所。

LINE プリペイドカードの使い方を解説!スタンプの購入にも使える?

LINE プリペイドカードの使い方を解説!スタンプの購入にも使える?

スマホから

ログインをして、手元にプリペイドカードを用意しておきましょう。

過不足なく入れることができたら下の『チャージする』が押せるようになります。

この段階で『チャージする』が押せない場合は、入力したコードが間違っている可能性が高いため、カードをよく見てやり直しをしましょう。

PINコードは半角の英数文字が使われていて、大文字・小文字も区別されるため、正確に入力しないとチャージができません。

STORE6

ここまで終わったら『チャージする』のページに戻り、『チャージする』ボタンの左にある『マイLINEクレジット』の部分を確認してください。

チャージ金額が反映されていたら完了しています。
 

パソコンから

次にパソコンからチャージをしてみます。

スマホの場合と手順はほとんど同じです。

こちらも過不足なく入れたら下の『チャージする』が押せるようになります。

LINEプリペイドカードとLINEコインの違い

ここで、プリペイドカードからチャージする『LINEクレジット』と間違えられやすい『LINEコイン』がまったく違うということを書いておきます。

LINEクレジットはLINELINE STOREのみで使える専用通貨ということです。

1LINEクレジットは「1円」としてカウントされるのでLINEコインよりわかりやすいですね。

LINE プリペイドカードが使えないときの対処法

買ったカードで試してみたけどチャージができなかった、という方のために、対処方法をいくつか書いておきます。

通信環境の改善

チャージの手続きは当然ネットワーク通信が必要になります。

通信状態が不安定だと上手くサイトに接続されず、手順が間違っていなくてもエラーが出てしまう場合があるようです。

せっかく買ったカードが通信トラブルでダメになってしまわないように、自宅や安定してWi-Fiが使える場所などで作業してください。

端末の再起動

例えばずっとスマホの電源を入れっぱなしで動画やゲームをやって・・・と繰り返していると、端末には負担がかかっています。

それでチャージの作業をするのに端末の動きが遅くなっていたとしたら、あまりいい環境とは言えません。

再起動させてからもう一度作業すると、案外さくっと終わるかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。