『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】アクティベーションロックとは?確認・解除方法を紹介!

【iPhone】アクティベーションロックとは?確認・解除方法を紹介!

『アクティベーションロック』とは、iOS 7で追加されたセキュリティ機能のことです。

この機能が有効になっていると、持ち主以外の第三者が勝手にiPhoneを操作できなくなります。

そのため、iPhoneを売却したり譲渡する前には、アクティベーションロックがかかっていないか確認し、かかっている場合は解除しておく必要があります。

ですが、どうやって確認・解除すれば良いのか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、アクティベーションロックの確認・解除方法を詳しく解説していきます。

【iPhone】アクティベーションロックとは?

iPhoneユーザーならアクティベーションロックという言葉を聞いたことがあると思いますが、どういった機能なのか分からない、という方も多いと思います。

まずは、アクティベーションロックとは何なのか詳しく解説していきます。

アクティベーションロックって何?

これは、紛失・盗難によってiPhoneが他人の手に渡ってしまっても、勝手に操作されないようにロックをかけるセキュリティ機能のことです。

この機能は、『iPhoneを探す』の設定をオンにすると自動的に有効になります。

iPhoneは換金するとそれなりに高い値がつくので、アクティベーションロックが組み込まれる以前は、拾ったり盗んだりした他人のiPhoneを勝手に初期化し、オークションや中古販売店に売却するような人も大勢いました。

しかし、現在ではiPhoneにアクティベーションロックがかかると、持ち主のApple IDとパスワードを入力してロックを解除しなければiPhoneを操作できない仕組みになっています。

ロックが解除できないiPhoneは使い物にならないので、ほとんどの中古販売店では買い取りを拒否されてしまいます。

なので、最近は拾ったり盗んだりした他人のiPhoneを勝手に売却するのは難しくなりました。

ただ、ロックが解除されていないiPhoneは中古市場にたくさん出回っています。

特にオークションやフリマアプリ、中古販売店でiPhoneを購入したり、第三者からiPhoneを譲り受ける場合は注意が必要です。

アクティベーションロックが発動するのはどういうとき?

このロック機能は、

  • 『iPhoneを探す』がオンになっている状態で強制的に初期化したとき
  • iCloudからサインアウトせずに初期化したとき

に発動する仕組みになっています。

『iPhoneを探す』をオフにするときやiCloudからサインアウトするときには、必ずApple IDのパスワードが求められます。

『iPhoneを探す』がオンになっている状態で強制的に初期化すると、持ち主以外の第三者が操作している可能性が十分にあるため、アクティベーションロックが発動してしまうのです。

逆に、iCloudからサインアウトして『iPhoneを探す』をオフにし、通常の方法で初期化すればロックがかかることはありません。

アクティベーションロックを確認すべき状況

アクティベーションロックを確認すべき状況としては、オークションやフリマアプリ、お店で中古の端末を購入するときです。

新品で購入するよりも中古の方が安く手に入りますが、そもそもロックが解除されていなければ使い物にならないので、お金が無駄になってしまいます。

また、ロックがかかっている場合、端末の分割払いが終わっていなかったり、盗難品である可能性もあるため、中古のiPhoneを購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

アクティベーションロックを解除すべき状況

アクティベーションロックを解除すべき状況としては、売却、譲渡、修理などで第三者に端末を渡すときです。

ロックがかかっている端末は使い物にならないため、中古販売店に買い取りをお願いしても拒否される可能性が高いです。

また、オークションやフリマアプリなどで直接会えない相手にロックがかかっている端末を売却してしまうと、取引相手とトラブルに発展する恐れもあります。

そのため、自分の意志で第三者に端末を渡す場合は、必ずロックを解除しておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。