『かわいい』が生まれる場所。

今から試せる自撮りのコツ!撮りやすい持ち方や、かわいく盛れる方法をご紹介!

今から試せる自撮りのコツ!撮りやすい持ち方や、かわいく盛れる方法をご紹介!

こんにちは!オトです!

自撮りをするのって結構難しいですよね…。

インカメラで撮ろうとしても、指が届かなかったりして、思うように写真が撮れないときがあります!

でも、スマホの持ち方を変えたり、ちょっとしたコツをつかむだけで、上手に写真が撮れるようになるので、今回はその方法をご紹介していきたいと思います!

盛れる自撮りのコツ&おすすめアプリで奇跡の一枚撮影!

自撮りをしやすいスマホの持ち方!

持ち方パターン①

selfie-how-to-hand

初めに、スマホを持つ方の手の
人差し指小指でスマホを挟みます

selfie-how-to-hand

そして中指薬指でスマホの裏側を支えます!

するとスムーズに親指でシャッターボタンを押せるので、自然な自撮り写真が撮れます!

持ち方パターン②

selfie-how-to-hand

スマホの底部を小指で支えて
他の指で裏側を支えます!

そのまま親指でシャッターを押すと自撮りできるんですが、スマホが大きくて重かったりすると、なかなか安定しないこともあります…。

selfie-how-to-hand

そんなときは、カメラに元から付いている、タイマー機能を使って撮ってみてください!

スマホを支えているだけでよいので、簡単に自撮りができますよ!

【自撮りのコツ】画面外のボタンでシャッターを切る方法!

selfie-how-to-hand

ほとんどの人が画面に表示されているシャッターボタンで自撮りしていると思うんですが、画面をタッチするとスマホが動いてしまい、ぶれてしまうことが多いですよね…。

実は、画面にあるシャッターボタン以外でも、シャッターを切れるんです!

持ち方を変えるだけじゃなく、シャッターボタンを押す場所を変えてみるのも、自撮りをうまく撮る方法の1つです!

サイドについている音量調節ボタン

selfie-how-to-hand

iPhoneの左側には、音量を調節するボタンが付いています!

このボタンはシャッターボタンとしても使えるんです!手が画面に触れないので写真がぶれるのを防止できますよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。