『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】アプリがアップデートできない!そんなときの原因&対処法

【iPhone】アプリがアップデートできない!そんなときの原因&対処法

iPhoneに様々なアプリを入れて使っているという方は多いでしょう。

アプリを使っていると必ず必要になるのがアップデートですよね!

アプリのアップデートがうまくできないとどうなるのでしょう?

実はアプリのバージョンが古くなることで、そのアプリが使えなくなってしまう可能性もあるんです。

そこで今回はアプリのアップデートがうまくいかないときの原因や対処法を紹介します!

【iPhone】アプリがアップデートできない原因

まず、アプリがアップデートできなかった場合の原因として考えられるものを紹介します。

ネットの接続が不安定または接続されていない

アプリのアップデートにはインターネット環境への接続が必要です。

アプリをアップデートしようとしている環境が圏外だったり、通信環境が不安定な環境ではありませんか?

また、通信制限などによって低速になってはいないでしょうか。

アプリのアップデートができなかった場合はまず通信環境を見直してみましょう!

ストレージ不足

アプリのアップデートというのは、新機能など含まれた追加のアプリデータをダウンロードする操作です。

iPhoneにそのデータが入るだけの空き容量が必要になります。

また、最近のアプリは容量の大きなものも多く、大きな空き容量が必要になる可能性があるんです。

通信環境などに問題がない場合はiPhoneの空き容量も確認してみましょう!

iOSのバージョンが最新ではない

iPhoneはiOSというシステム(ソフトウェア)が随時リリースされています。

このiOSのバージョンが古いままになっていると、バグや不具合が起こりやすくなります。

さらに、iOSのバージョンが古くなるとアプリの最新のバージョンが古いiOSに対応できず、最新バージョンのアプリにアップデートできなくなってしまっている可能性もあるんです。

iOSのバージョンを確認して最新でなかった場合は、アップデートしていないことが原因かもしれません。

アプリの破損やバグ

ここまで説明した点に問題がない場合は、アプリのデータが破損していたりバグが発生してしまっている可能性もあります。

アプリのデータ破損やバグが原因の場合はアプリの再インストールが必要になる可能性があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。