『かわいい』が生まれる場所。

【LINEPay】バーチャルカードって何?発行やチャージ・決済方法も

【LINEPay】バーチャルカードって何?発行やチャージ・決済方法も

『LINE』が提供している、スマホ決済サービスの『LINEPay』。

LINEPayでは残高決済に加えて、プリペイド式カードの『バーチャルカード』による決済も可能です。

バーチャルカードは即時発行が可能ですぐに利用でき、クレジットカードのように手軽に使えるのが魅力的です。

今回は、バーチャルカードの発行やチャージ・決済方法について詳しく解説していきます。

Contents[OPEN]

【LINEPay】バーチャルカードとは?

LINEPayはQRコードで決済することが多いと思いますが、「バーチャルカード」を使ってクレジットカードのように利用することも可能です。

ですが、バーチャルカードがそもそもどういったカードなのか分からない、という方も多いでしょう。

そんな方のために、まずはバーチャルカードについて詳しく解説していきます。

LINEPayって何?

『LINEPay』とは、コミュニケーションアプリの『LINE』が提供しているスマホ決済サービスです。

お会計のときにスマホの画面にバーコードを表示して店員さんに読み取ってもらうか、店員さんが提示したQRコードをスマホで読み取るだけで簡単に決済できます。

LINEPayは、Suicaやnanacoと同じ前払いのチャージ式で利用できるため、残高にチャージした分だけしかお買い物できないように制限をかけられます。クレジットカードのように使いすぎる心配もないですね。

LINEPayのバーチャルカードについて教えて!

LINEPayのバーチャルカードとは、オンライン決済専用のプリペイドカードです。発行手数料や年会費は無料で、アプリ上で簡単に発行することが可能です。

ト
こんな感じで画面にカードのように表示されます。
出典:LINE Pay

オンライン決済する際はクレジットカードと同様にバーチャルカードの情報を入力するだけでOKなので、初めて使う方でも簡単に扱えます。

なお、国内外のJCB加盟店で利用できるので、JCBのクレジットカードで決済できるオンラインショップなら、LINEPay加盟店でなくても利用できますよ。(※一部利用できないこともあります)

バーチャルカードとプラスチックカードの違いは?

LINEPayには、バーチャルカードのほかにプラスチックカードも用意されています。

プラスチックカードは現物のカードで、アプリで申し込みをしてからしばらく経つと、自宅宛てにカードが郵送されてきます。

カードを申し込む際、どちらのカードを選べばいいのか分からないという方もいると思うので、2つのカードの特徴を以下の表にまとめてみました。

バーチャル
カード
プラスチック
カード
使えるお店 オンラインショップのみ
(JCB加盟店)
実店舗とオンラインショップ
(JCB加盟店)
発行までの日数 申し込みをしてから即時発行される 申込み後1~2週間後で郵送
審査の有無 無し 無し
発行手数料 無料 無料
年会費 無料 無料
チャージ方法 残高をチャージする時と同じ 残高をチャージする方法にくわえ、ローソンなどの実店舗で現金チャージが可能

申し込みのときに審査が無いのと、発行手数料や年会費が無料な点は共通しています。

しかし、使えるお店や発行までの日数など特徴に違いがあるので、申し込みの際は自分に合ったカードを選択しましょう。

バーチャルカードのメリットは?

LINEPayのバーチャルカードの最大のメリットは、申し込みをしてからすぐに発行される点です。

プラスチックカードの場合、アプリで申し込み手続きをしてからカードが自宅に届くまで1~2週間程度はかかるので、その間はカードを使って決済することはできません。

その反面、バーチャルカードはスマホの画面上に発行される電子カードなので、自宅にカードが届くまで待つ必要はありません。

申し込み手続きを終えたら画面上にカードが即時発行されるため、オンラインショップでの決済にすぐ利用できます。

また、バーチャルカードは実物ではないため、どこかに落として無くしてしまう心配がないのもひとつのメリットです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。