『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】アップデートに失敗したときの対処法!エラーの原因は?

【iPhone】アップデートに失敗したときの対処法!エラーの原因は?

アップデート中に電源が切れた

充電がしっかりされていないとアップデート中に、電源が落ちてしまうことも考えられます。

50%はある状況でアップデートを始めましょう。

【iPhone】iOSのアップデートに失敗しないために

今回はアップデートを失敗してしまった時の対処法について紹介しました。

最悪の場合は、失敗しただけでデータも消えてしまう可能性があります。

ご自身のバックアップは万全ですか?アプリ内でのアカウントの管理もこの機会に見直しておきましょう。

しかし、できればそんな状況はさけたいですよね。

アップデートも自動で寝ている間にしてくれる設定と、自分のタイミングで出来る手動アップデートに分かれています。

余裕を持ってしたいのであれば、手動アップデートに切り替えておきましょう。

iPhoneのデータ容量を軽くしよう

せっかく時間と環境を作っても空き容量がないと、アップデートは失敗してしまいます。できれば2GBは空けておきたいところです。

自分の容量がどれくらい残っているのかわからない人は「設定」から「一般」に入り「iPhoneストレージ」から確認してみましょう。

ト

アプリの中の一番上に見えるのが一番容量を使っているアプリになります。

使用していないアプリを削除するのも一つの手段です。あとは溜まっている写真を削除する人もいます。

しかし、写真の削除に関しては、誤って消してしまうと戻ってこないこともあるので慎重に行いましょう。

アプリの消し方は簡単です。

「Appを削除」というポップアップが表示されるので、そこをタップするとアプリが削除されます。

ト

OSのバージョンによっては操作方法が異なる場合があるので注意してください。

サーバーが空いているときに行おう

アップデートサーバーが混んでいる時にも、アップデートが確認出来ないこともあります。

時間をおいて試してみるか、Wi-Fi環境を替えてみる、またはPCでアップデートを試してみましょう。

しっかりと充電しよう

充電が出来ていないと、電源が切れてしまい接続が中断されてしまいます。

そのせいでリカバリーモードになってしまいデータが消えてしまったら悲しいことになるので、充電も気にしておきましょう。

アップデートはiPhoneを最適化するために必要!

アップデートとは、細かい不具合や、時には新しくできた機能を付け加える為にApple社が精一杯開発したものです。iOSと言う独自のシステムを用いているため、アプリ側の開発が間に合わないことも多々あります。

よく耳にするのが、アップデートを行ったら、アプリが開かない、課金ができなくなったなどです。

iOSのアップデートは事前に告知がされることが少ないので、アプリの開発者もアップデートがあった日に初めてわかり、対応するのに追われている可能性があります。

しかし、アップデートはiPhone自体に不具合があった場合には、強い味方になってくれます。

すぐにアップデートをする必要はありませんが、できれば最適に使用出来るように備えましょう!!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。