『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】機能制限パスコードとは?忘れたときの対処法も紹介!

【iPhone】機能制限パスコードとは?忘れたときの対処法も紹介!

iPhoneには、機能制限という機能があります。

機能制限を設定することで、一部のiPhoneの機能やアプリを操作できないように制限をかけられます。

特に、子供に安心してiPhoneを持たせたい親御さんにとって非常に便利な機能です。

機能制限の設定を変更するには、パスコードが必要になります。

このパスコードをうっかり忘れてしまい、困っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、機能制限パスコードを忘れてしまった時の対処法を詳しく解説していきます。

【iPhone】機能制限パスコードとは?

まずは、機能制限とは何なのか、機能制限パスコードはどういった時に必要なのか詳しく解説していきます。

機能制限とは?

iPhoneには、機能制限(ペアレンタルコントロール)という機能が備わっています(iOS 12以降は「コンテンツとプライバシーの制限」に名称が変更され、「スクリーンタイム」に統合されています)。

これは、一部のiPhoneの機能やアプリが利用できないように制限をかけられる機能のことです。

最近、子供にスマホを持たせている保護者は多いですが、保護者としては子供が勝手に親のクレジットカードを使って課金しないか、夜遅くまでiPhoneを使って勉強がおろそかにならないか心配になってしまいますよね。

また、出会い系アプリやSNSなどで知らない大人と会い、そこで子供が被害に遭ってしまうケースも少なくありません。

そういったことを防ぎたい時に役立つのがこの「機能制限」なのです。

保護者が子供のiPhoneに機能制限をかけることで電話やLINEなど必要なアプリ以外の利用を制限したり、iPhoneを操作できる時間を設定しておけば、トラブルに巻き込まれたりスマホ依存症になってしまうのを防げるのです。

機能制限パスコードを設定することで、子供に安心してiPhoneを持たせることができるでしょう。

パスコードは機能制限を解除するために必要

安心して子供にiPhoneを持たせたい時に役立つ「機能制限」ですが、この機能を解除するには必ずパスコードの入力が必要になります。

機能制限パスコードは、端末ロックを解除するためのパスコードとは全く別のものです。

機能制限をかける時、専用のパスコードを保護者側のiPhoneで設定する必要があるので、子供は保護者の許可なく勝手に解除することはできません。

また、設定を変更する時にもパスコードが必要になるので、

  • iPhoneが使用できる時間を延ばしてほしい
  • 使えるアプリを増やしてほしい
  • アプリ内の課金を許可してほしい

というように、子供のiPhoneで設定を変更するにはパスコードを設定した保護者に入力してもらう必要があります。

【iPhone】機能制限パスコードの設定方法

iPhoneの機能を制限するには、まずパスコードを設定する必要があります。

パスコードを設定する時には、以下の手順で操作を行いましょう。

なお、iOSのバージョンによって操作手順が異なるので注意して下さい。

iOS 12以降の場合

「設定」を開いたら、「スクリーンタイム」をタップします。

「スクリーンタイム」をタップ

「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップしましょう。

「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップ

4桁のパスコードを設定して下さい。

4桁のパスコードを設定プ

確認のため、もう一度同じパスコードを入力すれば設定は完了です。

もう一度同じパスコードを入力

iOS 13.4以降の場合は、パスコードを設定した後にApple IDとパスワードの入力を求められます。

iOS 11以前の場合

  1. 「設定」を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「機能制限」をタップ。
  3. 「機能制限を設定」をタップ。
  4. 4桁のパスコードを設定。
  5. 確認のため、もう一度同じパスコードを入力すれば設定は完了。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。