『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】機能制限パスコードとは?忘れたときの対処法も紹介!

【iPhone】機能制限パスコードとは?忘れたときの対処法も紹介!

iPhoneの初期設定を行う

初期化し終わったら、最後にiPhoneの初期設定を行いましょう。

なお、「iPhoneを探す」がONになっていた場合はiPhoneにアクティベーションロックがかかっているので、Apple IDとパスワードを入力してロックを解除する必要があります。

ロックを解除したら、「Appとデータ」の画面が表示されるまで初期設定を進めて下さい。

「Appとデータ」の画面まで進むと、

  • 新しいiPhoneとして設定
  • iCloudバックアップで復元
  • iTunesバックアップで復元

の3つの選択肢が表示されるので、「新しいiPhoneとして設定」を選択しましょう。

その後は、画面の指示に従って操作を進め、初期設定を終わらせて下さい。

そしたら、別の場所に退避させていたiPhoneのデータを手動で戻し、「設定」で初期化する前の設定に変更すればOKです。

【iPhone】機能制限パスコードを忘れたときに備えて

一度設定した機能制限パスコードを忘れてしまうと、機能制限前まで復元したり、強制的に初期化して再設定しなければならなかったりと、対処するのが非常に面倒です。

機能制限パスコードの他にも、端末ロックを解除するためのパスコードや、Apple IDやその他のwebサービスのパスワードなどもあるので、うっかり機能制限パスコードを忘れてしまうこともあるでしょう。

そのため、そういった時に備えてパスコードを保管しておくことをおすすめします。

ただ、普段持ち歩く手帳に書いたり、スマホやパソコンで保存するのは情報漏洩のリスクが高いので、家の外に持ち出さないノートなどに書いて保管しておくと良いでしょう。

なお、パスコードを書いたノートなどは自分の部屋にある押し入れなど、人目に付かないような場所に保管するようにして下さい。

機能制限パスコードを忘れた時も慌てずに対処していこう!

機能制限パスコードは、機能制限の設定を変更したり、解除する時に必要となるものです。

これを忘れてしまうと、機能制限の設定を変更・解除できなくなるのはもちろん、通常の方法ではiPhoneを初期化できなくなってしまうので注意が必要です。

うっかり機能制限パスコードを忘れてしまった場合は、機能制限前にiPhoneを復元するか、強制的にiPhoneを初期化するなどして対処して下さい。

また、今後は忘れないように、ノートや手帳などにメモして人目に付かない場所にしっかりと保管しておくようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。