『かわいい』が生まれる場所。

【知らないと損!】機内モードでWi-Fiが接続可能!メリットも有

【知らないと損!】機内モードでWi-Fiが接続可能!メリットも有

Androidの場合

Androidを機内モードに設定する場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

操作手順

  1. ホーム画面で上から下へスワイプして、クイック設定パネルを開く。
  2. 飛行機マークのボタンをタップして、機内モードをオンにする。
  3. そしたら、Wi-Fiのボタンをタップして設定をオンに切り替える。

Windowsの場合

Windowsを機内モードに設定する場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

画面左下のスタートボタンをクリックします。

スタートボタンをクリック

メニューを開いたら、歯車アイコン(設定)をクリックしましょう。

歯車アイコン(設定)をクリック

設定画面を開いたら、「ネットワークとインターネット」を選択して下さい。

「ネットワークとインターネット」を選択

「機内モード」をクリックします。

「機内モード」をクリック

「機内モード」のトグルスイッチをクリックすれば、機内モードがオンになります。

「機内モード」のトグルスイッチをクリック

そしたら、「Wi-Fi」のトグルスイッチをクリックして設定をオンに切り替えて下さい。

「Wi-Fi」のトグルスイッチをクリック

Macの場合

Macには機内モードの設定がないので、代わりにBluetoothの設定をオフに切り替えて下さい。

Bluetoothの設定を変更するには、「Appleメニュー」から「システム環境設定」を選び、「Bluetooth」をクリックしてください。

画面左上の「Appleメニュー」から「システム環境設定」→「ネットワーク」「Wi-Fi」にすすみ、「Wi-Fiをオンにする」をクリックすればWi-Fiを繋げられます。

機内モードでWi-Fiを利用するメリット

機内モードでWi-Fiを利用することで、以下の4つのメリットがあります。

  • 飛行機の中でもネットが使用可能
  • バッテリーを消費しにくい
  • 着信を防ぐことができる
  • データ通信量の消費を抑えられる

では、以上の4つのメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

飛行機の中でもネットが使用可能

飛行機の中ではスマホの電源を切るのが一般的ですが、機内モードに設定しておけばスマホの電源を切る必要もなく、Wi-Fiでネットに接続することができます。

近年、ANAやJALなど、機内にWi-Fiが設置している航空会社が増えてきており、Wi-Fiは無料で利用できるので、機内でネットを利用しても問題がありません。

バッテリーを消費しにくい

このモードに設定した上でWi-Fiを利用することで、スマホのバッテリーを消費しにくくなるというメリットがあります。

山間部やトンネルの中といった電波が弱い場所では、基地局からの電波を探し続けてしまうため、バッテリーをかなり消費してしまいます。

ですが、機内モードに設定してWi-Fi以外の電波の送受信を完全に遮断しておけば、バッテリーの消費を抑えながらwebサイトを閲覧したり、LINEやメールをやり取りしたりすることが可能となります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。