『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのマイクの音量が小さい・聞こえない!設定方法をご紹介

iPhoneのマイクの音量が小さい・聞こえない!設定方法をご紹介

マナーモードやサイレントモード

iPhoneのマイクがまったく使えない場合、iPhoneの「マナーモード・サイレントモード」の設定をチェックする必要もあります。

「マナーモード・サイレントモード」が「オン」になっていると、着信音や通知音は「オフ」設定になります。

そのため、誰かから電話があっても、着信音が鳴らず、そのためマイクが壊れているのでは?と勘違いすることがあります。

ただし「マナーモード・サイレントモード」が「オン」になっていても、動画再生の音声が影響を受けることはありません。

「マナーモード・サイレントモード」の確認方法を説明します。

iPhoneの左側面に、「音量調整ボタン」があります。

その横に「マナーモード・サイレントモード」があるので、それを下にスライドします。赤い色が見えたら「オン」になったということです。

「オン」にすると、ホーム画面に表示されます。

マナーモード・サイレントモード

設定に関係なくマイクが故障していないか

ここまで紹介した3つの原因と対処法を試しても、iPhoneのマイクがまったく使えないなら、iPhoneのマイクそのものが壊れている可能性を疑う必要があります。

マイクが故障しているかどうかを確認するには、iPhoneにプレインストールされている「ボイスメモ」アプリを使用し、自分の声を録音します。

録音された自分の声の音量が小さかったり、たくさんのノイズで聞こえにくかったりするなら、マイクが故障している可能性があります。

故障している疑いがあるなら、修理が必要です。

ボイスメモアプリ

【iPhone】マイクをアクセス許可する設定の方法

iPhoneで通話しても音声は問題なく、また、音楽や動画を視聴しているときにも十分な音量が出力されるにもかかわらず、iPhoneにインストールしたアプリを使って無料通話をするとマイクが機能しないということがあります。

原因は、iPhoneのマイクがアプリへのアクセス許可を出していないことです。

問題を解決するには、設定を変更し、iPhoneのマイクがアプリへのアクセスを許可する必要があります。

設定方法

iPhoneのマイクのアプリへのアクセス許可をする設定方法を説明します。

まず、iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定アプリ

「設定」画面にあるメニューから「プライバシー」を選択します。

プライバシー

「プライバシー」の画面に表示されるメニューから「カメラ」を選択します。

カメラ

「カメラ」画面には、iPhoneのカメラがアクセス可能なアプリが表示されています。アクセスを希望するアプリを「オン」にすればiPhoneのマイクを使用してアプリを利用できます。

カメラへのアクセス可能なアプリ

アクセス許可するときの注意点

iPhoneのマイクへのアクセス許可を設定する前に、覚えておくべきことがあります。

それは、アプリの中には、iPhoneの個人情報を盗んだり破壊したりすることを目的としたマルウェアが仕込まれているものがある、ということです。

インストールしたアプリを、信頼性を確かめもせずにiPhoneのマイクへのアクセス許可をしてしまうと、クレジットカード情報などが盗まれたり、盗聴されたりするかもしれません。

アプリは信頼できるApp Storeからインストールしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。