『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのマイクの音量が小さい・聞こえない!設定方法をご紹介

iPhoneのマイクの音量が小さい・聞こえない!設定方法をご紹介

【iPhone】音量設定がダメなら付属イヤホンを使おう!

以上の方法で対処したのに改善されず、困っている人もいるかもしれません。

そういった人は、iPhone購入時に付属されていたイヤホンを使用することをおすすめします。

付属のイヤホンには、iPhoneに内蔵されているスピーカーとは独立した音量設定装置が内蔵されています。

そのため、iPhoneのマイクやスピーカーが故障していても、付属のイヤホンがあれば音量を調整し、心地よく音声が聞けます。

付属イヤホンの使い方

では、iPhoneの付属イヤホンの使い方を説明します。

iPhoneの底部にイヤホンの挿し口があるので、そこに挿しましょう。

イヤホンの挿し口

イヤホンには「コントローラー」が付いています。このコントローラーはマイクでもあります。「+」「-」と記されている部分は、音量調整ボタンです。中央がセンターボタンです。

コントローラー

電話の通話に利用するときの、コントローラーの操作方法を以下にまとめます。

電話に応答する iPhoneで着信中にセンターボタンを1度押す
電話を切る iPhoneで通話中にセンターボタンを1度押す
通話を拒否する 電話が鳴っている間にセンターボタンを2度押す
電話を保留する 通話中にセンターボタンを2秒長押しする

次に、音楽を試聴するときの、コントローラーの操作方法を以下にまとめます。

曲の再生と停止をする センターボタンを1度押す
早送りをする センターボタンを2度押す
巻き戻しをする センターボタンを3度押す
次の曲を聴く センターボタンを2度押す
前の曲に戻る センターボタンを3度押す

【iPhone】外部マイクを設定するときの注意点

iPhoneに外部マイクを接続して使用する場合、iPhoneが外部マイクのアクセスを許可するための設定をしなければならないのでしょうか。

特別な設定は必要?

iPhoneに外部マイクを接続して使用する場合、基本的に特別な設定をする必要はありません。

機種に対応したマイクを選ぼう

iPhoneに外部マイクを接続する方法は2つあります。

Lightning接続と3.5mm接続です。

自分のiPhone機種がLightningケーブル対応なら、Lightning接続対応の外部マイクでも3.5mm接続対応の外部マイクでも利用できます。

iPhone以外のデバイスにも利用できる外部マイクを希望するなら、3.5mm接続対応のマイクがおすすめです。

iPhone7以降の機種は、イヤホンジャックがないので、3.5mm接続対応の外部マイクを利用できません。

変換アダプタを用意しよう

イヤホンジャックがないiPhone機種を使い、3.5mm接続の外部マイクを使用するには、変換アダプタが必要です。

幸い、イヤホンジャックがないiPhone7以降の機種は、購入時に変換アダプタが付属しているので、それを使えば3.5mm接続対応の外部マイクが利用できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。