スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでダウンロードしたファイルの保存先はどこ?写真・動画・PDFファイルについて解説!

iPhoneでダウンロードしたファイルの保存先はどこ?写真・動画・PDFファイルについて解説!


iPhoneでダウンロードするファイルは保存先の変更が可能

ここからは、ダウンロードしたファイルの保存先を確認したり、変更したりする方法を紹介します。

これを覚えておけば、ダウンロードしたファイルがどこにあるのか迷う必要はありません。

また、保存先として新しくファイルを作る方法も解説しています。

たくさんのファイルをダウンロードして管理する場合には、いくつかファイルを作って分類すると、どこに何のファイルがあるのか一目瞭然で便利です。

保存先の確認方法

ファイルをダウンロードする際、そのダウンロード先は大きくiCloud DriveとiPhone内に分かれます。

まずは今の設定がどうなっているのか、確認しましょう。

保存先を確認するには、まずiPhoneの設定アプリを開きます。

iPhone ホーム画面

下の方にスクロールしていくと、「Safari」の項目があるのでタップしましょう。

iPhone 設定

「ダウンロード」の項目に「iCloud Drive」または「このiPhone内」と表示されています。これがダウンロードしたファイルの保存先です。

設定 Safari

保存先の変更方法

ダウンロードしたファイルの保存先はデフォルトでは「iCloud Drive」に設定されていますが、変更することも可能です。

保存先の確認ができたら、そのまま「ダウンロード」の項目をタップしましょう。

設定 Safari

「iCloud Drive」か「このiPhone内」かを選択できるようになっています。変更した方にタップしてください。

設定 ダウンロード

ちなみに、「iCloud Drive」に設定しておけばバックアップも兼ねることができるので安心ですよ。

保存先のファイルを新規作成する方法

保存先として、新しくファイルを作ることもできます。

たくさんのファイルを管理する必要がある場合などに試してみてください。

ファイルを新規作成するには、まずファイルアプリ内の「場所」の項目のうち、ファイルを作る場所を選びます。今回は「iCloud Drive」を選びました。

ファイル トップ画面

画面を上から下に向かってスワイプします。

ファイル iCloud Drive

画面上部に新しく表示が現れました。3つの点が並んだマークをタップします。

ファイル iCloud Drive

「新規フォルダ」をタップ。

ファイル メニュー

新しいフォルダの名前はデフォルトでは「名称未設定フォルダ」となっているため、一度消去して分かりやすい名前を付けましょう。

ファイル 新規ファイル

名前を入力したら、右上の「完了」をタップします。

ファイル 新規ファイル

これでファイルを新規作成できました。

ファイル iCloud Drive

iPhoneでダウンロードしたファイルを保存先から削除・移動

せっかく保存したファイルも、保存しただけでは意味がありません。

また、ファイルの数が増えてくると、スマホが重くなる原因にもなります。

使っていないファイルは削除したほうが良いでしょう。

ここからは、Apple Booksやファイルアプリに保存したファイルを削除したり移動する方法を解説します!

保存したファイルを有効活用していきましょう。

「Apple Books(iBooks)」アプリから削除

Apple Booksに保存したファイルを削除する方法は、とても簡単です。

まず、ファイルの右下の3つの点のマークをタップします。

Apple Book ライブラリ

「削除」という項目があるため、これをタップします。

iPhoneから削除したいだけなら「ダウンロードを削除」、iCloudからも完全に削除したいなら「すべての場所で削除」を選択しましょう。

「すべての場所で削除」を選択した場合には、このような確認画面が表示されます。「削除」をタップしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。