『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】年齢制限付き動画って?設定・解除方法をご紹介!

【YouTube】年齢制限付き動画って?設定・解除方法をご紹介!

昨今、小さな子供から大人まで幅広い年齢層に浸透し親しまれている「YouTube」。

様々なカテゴリから選定された動画が数多く投稿されており、趣味趣向を問わず楽しめるWebサイトになっています。

子供向けの動画も数多く存在し、子どもと一緒に視聴して楽しんだり、寝かしつけに使用したりするなど、育児に取り入れて利用している人も多いのではないでしょうか。

そんなYouTubeでは、未成年者の健全を守るために動画に年齢制限を付けるといったことが任意で選択できます。

またユーザー設定をカスタマイズすることで、年齢制限が設けられている動画を非表示にすることもできます。

今回は「YouTube」の年齢制限について、設定から解除まで詳しく解説していきます。

YouTubeの「年齢制限付きの動画」とは?

YouTubeではアップロードするタイミングで年齢制限を設けることができます。

アップロード者が動画に制限を付けることで、一部動画は18歳未満の人は視聴ができない状態となります。

コンテンツ内容によっては、投稿者が制限を指定することをポリシーで指定してる場合もありますので確認しておきましょう。

視聴者側は、動画に設定されている年齢制限を満たしているということを証明しないと視聴することはできませんので注意しましょう。

年齢制限付きの動画にはどんなものがある?

YouTubeのポリシーで年齢制限を付けることを義務付けられているコンテンツがあります。

動画を視聴する際に年齢確認が求められ視聴できないとされた場合は、下記に該当している可能性があります。

  • 下品な言葉
  • 暴力的でショッキングな映像
  • 性的内容を示唆するコンテンツ
  • 有害な活動や危険な活動を含む描写

こちらに該当している動画は、例えアップロードを行った人が年齢制限を付けていなくても、YouTubeの審査チームによって強制的に年齢制限を設けられる場合があります。

そして制限を付けられた動画は、ログインなしのユーザー、18歳未満のユーザー、制限付きモードの設定を有効にしているユーザーに対しては表示されなくなってしまいます。

すべての年齢層に向けた動画を発信したい場合は、上記のポリシーに反しない動画を作成するようにしましょう。

YouTubeにログインした場合のみ視聴可能

通常の動画であれば、ログインしていないゲストの状態でも動画を閲覧することが可能となっています。

ですが、動画に年齢制限が付けられている場合は、YouTubeのアカウントにログインしている必要があります。

年齢制限付きの動画を閲覧したい場合は、必ずアカウントにログインしてから視聴を試みるようにしましょう。

アカウント登録はメールアドレス認証が必要になりますが、無料で登録することが可能となっています。

もしアカウントを持っていない場合は、この機会に作ってみるのもいいのではないでしょうか。

18歳未満のユーザーは見ることが出来ない

アカウントにログインした状態であっても、18歳未満のユーザーは年齢制限付きの動画を閲覧することはできません。

どんな内容の動画であっても、年齢制限は全て18歳以上となっており、それに満たない場合はその動画を閲覧することは諦めましょう。

年齢の判別はアカウント情報に基づいているため、アカウントを作成した時に登録した生年月日で判別されます。

もし登録の際に誤った生年月日を入力していた場合は訂正することができるため、訂正後に改めて動画の閲覧を試みてみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。