『かわいい』が生まれる場所。

【Gmailのメールが送れない!】原因別に対処法を複数ご紹介

【Gmailのメールが送れない!】原因別に対処法を複数ご紹介

検索エンジン大手のGoogleが提供しているメールサービス「Gmail」。

Gmailは無料でアドレスを取得できることもあり、Gmailでメールをやり取りしている人も多いと思います。

しかし、Gmailを使っていると、何らかの問題があってメールを送信できない場合もあります。

メールが送れない時はどのように対処していけば良いのでしょうか?

そこで今回は、Gmailが送れない時の原因別の対処法を紹介していきます。

Gmailのメールが送れないケース

まずは、Gmailが送れない原因をケース別に紹介していきます。

エラーメッセージが表示される

エラーメッセージが表示される

エラーメッセージが表示されて送信できない場合は、送信先のメールアドレスがルールに違反しているからだと考えられます。

実は、メールアドレスの設定にはルールのようなものが定められており、アットマーク(@)の直前にピリオド(.)を使用することができません。

これが原因で、アットマークの直前にピリオドが入っているメールアドレス宛てにメールを送信しようとするとエラーが起きてしまうのです。

また、アドレスの英数字を全角文字で入力している可能性もあるので、エラーメッセージが表示されて送信できない時は、入力ミスがないか一度確認してみましょう。

エラーメールが返ってくる

エラーメールが返ってくる

何らかの原因でGmailが送れないと、スクショ画像のようなエラーメールが返ってくることもあります。

エラーメールが返ってくる場合は送信自体に失敗しているため、送信側に原因があると考えられます。

具体的な原因は以下の通りです。

  • 送信先のメールアドレスを間違えて入力している
  • 添付ファイルの容量が上限を超えている

そのため、エラーメールが返ってきた時は、送信先のアドレスが間違っていないか、添付ファイルの容量が大きすぎないかチェックしてみましょう。

送信自体はできるが、相手にメールが届かない

送信直後にエラーメールが返ってこなかったのに、相手の受信フォルダにメールが届かないケースもあります。

この場合は送信側ではなく、相手側かGmail側に原因があると考えられます。

具体的な原因は以下の通りです。

  • 相手が迷惑メール設定をONにしている
  • 受信拒否リストに「gmail.com」を登録している
  • Gmailのサーバーがダウンしている

メールを送信したのに相手から返事が来ない時は、受信フォルダにメールが届いていない可能性があります。

そのため、Gmailアドレスからのメールを受信できるように設定を変更してもらって下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。