スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】Siriとは?便利な使い方からおもしろ機能まで!

【iPhone】Siriとは?便利な使い方からおもしろ機能まで!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

【iPhone】Siriを起動してみよう!

AIテクノロジーの先駆けとも言える、Siri機能がiPhoneに登場したのは2011年です。

この年にリリースされたiOSであるiOS5に、初めてSiriが搭載されました。

以後、現在の最新iOSにいたるまで、SiriはすべてのiPhoneに搭載されています。

では、どのように、SiriをiPhoneで機動させるのでしょうか。

Siriの起動方法は2つ!

Siriを起動させる方法は2つあります。

1つ目は、iPhoneのホームボタンを長く押して起動させる方法です。

iPhoneの機種の中には、ホームボタンがないものもあります。

ホームボタンがないiPhone機種の場合は、iPhoneの右側の側面にある「サイドボタン」を長く押してSiriを起動させます。

2つ目は、iPhoneに向かって「Hey Siri」と英語で呼びかける方法です。

iPhoneとSiriの開発をしたApple社が米国の会社であるため、英語で呼びかけないとSiriは起動しません。

「やあ、Siri」「こんにちは、Siri」と日本語で呼びかけてもSiriは起動しないので、覚えておきましょう。

起動しないときはSiriをオンにして

iPhoneに向かって「Hey, Siri」と呼びかけたり、ホームボタンを長く押したりしてもSiriが起動しない場合、原因は設定にあります。

iPhoneでSiriが起動するように設定を変えましょう。

設定方法を説明します。

iPhoneのホーム画面にある「設定」アイコンを開きましょう。

設定

「設定」画面が立ち上がります。画面に表示されているメニューの中から「Siriと検索」を選択しましょう。

Siriと検索

これらの機能をすべて「ON」にしましょう。これで設定完了です。

Siriに頼む

【iPhone】Siriの基本の使い方は?

Siriを起動方法を紹介しました。

ここからは、実際Siriを使ってどんなタスクが行えるかを解説していきます。

5つ紹介していきます。

アラーム機能・タイマーを設定する

最初に紹介する、iPhoneのSiriで行えるタスクは、アラームとタイマーの設定です。

少し仮眠をしたい時に、Siriを使えば簡単にアラームのセットができます。

Siriを起動させたら、Siriに向かって「~分後に起こして」と呼びかければ、求めに応じてアラームをセットしてくれます。

アラーム

料理をしているときには、Siriを使ってタイマーをセットできれば便利です。

水に濡れている手を使いiPhoneに触れる必要がないので、重宝します。

iPhoneに向かって「タイマー~分」と呼びかければ、求めに応じてタイマーをセットしてくれます。

タイマー

音声で検索ができる

2つ目は、音声検索です。

検索したいワードがあれば「~について教えて」とiPhoneに向かって尋ねれば、SiriがWikipediaなどから検索して返答してくれます。

音声検索

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。