『かわいい』が生まれる場所。

【簡単!】iPhoneのホームボタンが壊れたときの対処法をご紹介

【簡単!】iPhoneのホームボタンが壊れたときの対処法をご紹介

【iPhone】ホームボタンが壊れたときの最終手段

今まで紹介してきた方法でもホームボタンが上手く活用できない場合は、最終手段を取る必要があります。

App Storeに相談する

まずは、App Storeに相談してみることがおすすめです。

Appleサポートを活用して電話やチャットで相談することができます。

また、実際にiPhoneを購入したApple Storeやキャリアショップ、家電量販店などにお使いのiPhoneを持っていくこともおすすめです。

相談したうえで、修理をするか機種変更するか決めるといいでしょう。

同日修理ができる故障もありますが、Appleリペアセンターで修理するため日時を要する場合もあります。

修理費は機種や不具合の内容、保証に加入しているかどうかで異なりますよ。

まずは、相談するところからスタートしてください。

機種変更する

修理でも直る見込みがない場合や長年使っていた機種の場合は、機種変更することもいいでしょう。

機種変更する際の注意点としては、iPhone X以降に発売されたiPhoneの多くはホームボタンがそもそも備わっていないという点です。

なお、第2世代の新型iPhone SEには、久しぶりにホームボタンがあることで話題になりました。

iPhoneの機種を選ぶ際のポイントにホームボタンがあるかどうかを加えることもおすすめです。

【iPhone】ホームボタンが壊れた原因は?

そもそもどうしてホームボタンが壊れたのか、原因を考えることが大切です。

特に新しく機種変更したり修理に出した人は、再びホームボタンを壊さないように注意しましょう。

長年の使用で壊れた

数年使ったうえでホームボタンが壊れた場合は、ホームボタンが物理的な寿命だった可能性が高いです。

この機会に機種変更を考えてもいいタイミングでしょう。

一般的にiPhoneの寿命は3年程度と言われています。

それ以上使っている場合は、どれほど大切に使っていたとしても壊れてしまう可能性がありますよ。

それでも今のiPhoneを使いたいという場合は、修理に出せるかどうか確認しましょう。

機種によっては、部品が手に入らない場合もあります。

iPhoneを落としてケーブルが断線した

ホームボタンが使えなくなる前に落とした記憶がある場合は、ケーブルが断線した可能性が高いです。

次回からは、iPhoneを落とさないように慎重に取り扱いましょう。

ケーブルが切断した場合は、素人では解決できません。

知識がない人が応急処置をした場合、iPhoneの致命的な問題ができることも考えられます。

ケーブルにダメージがある場合は、再起動を繰り返してもホームボタンは復活しないでしょう。

App Storeに相談して、早く修理して解決することをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。