『かわいい』が生まれる場所。

【覚えておくと便利♪】iPhone画面の色を反転させる簡単な方法

【覚えておくと便利♪】iPhone画面の色を反転させる簡単な方法

【iPhone】色が反転しないときには

この記事ですでに触れた点ですが、画面の色の反転機能がiPhoneに導入されたのは2016年です。

その後2017年に新バージョンの色の反転機能が追加されました。

現在、iPhoneやiPadに搭載されているのは、最新iOSであるiOS13です。

2019年9月30日にリリースされました。

iOS13をインストールした結果、これまでのiOSバージョンでは問題なく利用できた「反転スマート」と「反転クラシック」機能で画面の色の反転ができなくなった、という問題が起きました。

iOSに限らず、新しいOSのアップデートプログラムのリリース直後は、問題が生じることがあります。

これまでの機能を引き継がせる事に加え、新しい機能やサービスが問題なく起動するように努力は払われているものの、種々の問題が起こる場合があります。

自分のiPhoneで画面の色の反転ができない場合、どのような対処法があるのでしょうか?

これから3つの対処法を紹介します。

iPhoneのストレージの確認しよう

最初の対処法は、iPhoneのストレージを確認することです。ス

トレージの空き容量が十分でないと、色の反転が行えない場合があります。

ぜひチェックしましょう。

チェック方法を説明します。

iPhoneの「設定」アプリを立ち上げて「一般」を選択しましょう。

一般

「一般」画面になります。画面に表示されている項目から「iPhoneのストレージ」を選択しましょう。

iPhoneのストレージ

「iPhoneのストレージ」画面に、ストレージの空き容量が表示されています。ストレージを圧迫しているアプリがあれば削除しましょう。

ストレージの空き容量

ソフトウェアのアップロードを確認する

2番目の対処法は、ソフトウェアのアップロードを確認することです。

すでに画面の色の反転ができない問題を改善するアップデートプログラムが出ているかもしれません。

確認方法を説明します。

iPhoneの「設定」アプリを立ち上げて「一般」を選択しましょう。

一般

「一般」画面になります。画面に表示されている項目から「ソフトウェア・アップデート」を選択しましょう。

ソフトウェア・アップデート

「ソフトウェア・アップデート」画面になります。アップデートプログラムがあるならインストールしましょう。

アップデート

スマホの再起動をする

3番目の対処法は、iPhoneの再起動です。

iPhoneの不具合が原因で反転機能が利用できない場合があるので、再起動してもう一度試してみましょう。

【iPhone】画像の色を反転させる場合はWebツールやアプリを使う

iPhoneの画像の色を反転する方法は、「反転スマート」と「反転クラシック」だけではありません。

Webツールやアプリを使う方法もあります。

これからおすすめのアプリとWebツールを紹介します。

Photoshop Express

最初に紹介するおすすめアプリは、「Photoshop Express」です。

操作方法を説明します。

「App Store」アプリを開き、「Photoshop Express」をインストールしましょう。

インストール後、写真の選択画面になるので、色の反転をしたい写真を選択しましょう。

写真の選択

選択した写真の加工画面になります。画面下にメニューがあるので「効果」を選択します。そして「効果」に含まれるオプションの中から「基本」を選びましょう。

効果

「基本」のオプションの中に「反転」があるので選択しましょう。

反転

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。